遊びながら学べる「英語物語」というアプリ

自分がここしばらくずっと使っている英語学習用のアプリです。

一日一回、ログインすると「ログインボーナス」がもらえます。
その画面で、「累計ログイン日数」と「連続ログイン日数」が表示されます。上下、両方とも「750日」ということは、このアプリを始めて以来、毎日毎日、飽きもせず遊んでいる、、もとい、英語学習を継続している、っちゅーことです。笑

その前は、「えいぽんたん」とか「えいたま」とかで遊んでいたんですけど、「えいぽんたん」はある程度いくと、課金しないと楽しめないようになっていて、ゲームに課金するつもりはなかったので、ほかのアプリを探していたところ、「英語物語」にたどりつきました。

この記事は、こちらの「英語物語」にそのあとに書いた「英語物語 その2」を追加して編集したものになっています。
そのため、「英語物語 その2」のリンクは削除しました。

現時点での「累計ログイン」は、「1448日」になっていました。笑

スポンサーリンク

自分のレベルで学習できる

最近は多くのアプリが自分のレベルに合わせた難易度で遊べるようになっていますが、「英語物語」もその一つです。

いちおう、問題の出題範囲が選択できるようになっているので、肝心な対戦のときは、「英文法」の出題は外す、などといった、ずるっこもできます。笑

「えいぽんたん」ではそこそこ遊んでいると、答えが全部わかってしまい、反射神経の速さで得点が変わるようになっていたんですが、「英語物語」はアップデートが多く、そのたびに新しい問題が追加されていて、覚えきるまでいかないし、反射神経関係なく、時間内の回答でOKなので、一問一問、ちゃんと考えて答えを選ぶことができます。

そろそろほかのアプリに、、と思いながらも、まだまだ完成度が高くないので、もう少し極めるまでは・・・と思っているうちに、2年以上使ってました。笑

ちなみに、レベルは、いちばん高いレベルですが、それでも最近また未知の英単語が追加され、ミスることも多いので、英語学習の奥深さにいまさらながら、感心しています。

「ぴよ吉」

どんどん新しい企画が追加されています。

また、不具合だけでなく、ゲーム中でのトラブル等に対しても、メールすると、スタッフが割と素早く返信してくれて、対応してくれます。

そういった意味でも、安心して長く遊べるアプリです。

と出ると、、

福引券が10枚もらえます。
福引券は5枚で1回、福引ができるんですが、1枚もらうために、10個のタスクをクリアしないとなので、たしかに、10枚はすごいです。
そして、この福引で、超レアキャラが当たる可能性があります。(なかなか出てきませんけど、超レアキャラは。笑)

その次に、ラッキーなのは、「大吉」だろうと思いきや、自分的には、「吉」の「クッキー100枚」のほうが貴重な気がします。

対戦中にクッキーを対戦相手のゆるキャラにあげると、ゆるキャラが仲間になる確率が上がります。

課金なしで十分楽しめる「英語物語」

スマホのゲームアプリにおいて、これってとても大事なことです。
ゲームに課金することが当たり前の人もいると思いますが、自分は、課金しない派です。

けど、英語物語は、メインゆるキャラの「ぴよこ」(東京のゆるキャラで、「ひよこ饅頭」をモチーフにしてるようです。笑)のLINEスタンプが出ていて、けっこうかわいいので、買っちゃいました。笑

ゲームの課金はしませんけど、LINEのスタンプはポイントでも購入できるので、OKです。

まだまだ、ゆるキャラを成長させられるので(限界突破)、まだしばらく遊びながら、英語力のアップをしたいと思います。

とくに、難関な文法問題、ちゃんと誰かに解説できるくらいの理解度まで上げたいですね。

問題数が無限大!?

新しい問題が次々と追加されています。

たしかに、見たことがある問題が出題されることもあるけど、初見の問題が多いです。稀に、おなじ単語の解答でも問題自体がちがうから、何を問うているのか、ちゃんと読まないで解答すると、間違ってしまったり。笑

英単語だけでなく、英文法の問題も、小学生から難関大学といった学年でのレベル、TOEICレベル、英検レベルとまぁー、多彩です。
英検1級と英検準1級の単語はかなり手こずります・・。

なので、「えいぽんたん」のように、「また、これか…」と問題をちゃんと読まないで解答することなどできず、文法問題だと長文なものもあるので、外出時の集中できない時は、文法問題は外して、単語問題だけに絞っています。(都度、レベル、出題範囲を自分で調整できます)

新しいイベントやステージも!

基本カードバトルなので、ゆるキャラのパワーとHPの高さだけでなく、そのゆるキャラ自体のスキルや「火・水・風」といった属性を含め、ゆるキャラを選んでいきます。

問題だけでなく、新しいイベントやステージもどんどん追加され、つまりは、新しい新種のゆるキャラも追加されます。

だから、いつまでたっても終わりがない。笑
ま、一回、遊びはじめたら、目移りすることなく、半永久的に遊べるゲームです。笑

初めてゲームで課金しました!

初回の課金「編成多様」で、240円でした。

プリペイドのauウォレットカードを使用したんですが、なかなか引き落としがされず、ネットで調べたら、引き落としまでにけっこうな日数がかかるとのこと。数日前にやっと利用明細書がメールで届きました。Appleさん、請求忘れてくれたわけじゃなかった。笑

けっこう遊んでいくうちに、新しいステージにも挑戦したくなって、でも、ふつうに自分でカードを選んで、挑戦しても最初の一問目で、全滅させられちゃうんです。笑

で、ネットで攻略方法を探すと、どのゆるキャラを選択すると勝機が上がるか出てくるので、そのゆるキャラでデッキをセットします。

ゆるキャラ5体で、1つのパーティ(デッキ)になっていて、リーダーのリーダースキルと助っ人のスキルも使うことができます。
ってことは、特定のステージの攻略には、特定のゆるキャラセットのデッキが必要だということなんです。

課金せず、無料のままだと、このデッキは5つあって、最初のころは、べつにそこそこやれてたんだけど、新しいステージにチャレンジして、新しいゆるキャラをゲットするには、そのゆるキャラたちのデッキをキープしておいたほうがチャレンジしやすい。

特定のステージにチャレンジするたびに、いちいち、このステージでは、どのゆるキャラセットでチャレンジするといいんだっけ?と毎回デッキのカードを入れ替えするのは面倒なので、デッキ5個、追加しました。その価格が240円。

さらなる課金も!?

そして、このたった1回の240円の課金で、1ヶ月間、広告も表示されなくなってます。
あれ?広告出てこない?と思ったら、そんなプラスアルファのお得が待ってました。

ということなので、さらに、デッキを追加したくなっても、広告が表示されるようになるまで待つつもりです。笑

でも、たしかに、こうやって数通りのデッキを準備しておくと、イベントや裏ステージにチャレンジしやすくなるし、チャレンジする回数が多いほど、ボスキャラのドロップ率もアップします。

そして、すでに、デッキ10個で足りないと感じてます。笑

連続ログイン記録

じつは、最近、倦怠期で(笑)、続けてはいたんだけど、あんまり新しいステージにもチャレンジせず、、だって、一発で全滅されられちゃうから。笑

それでもこのゲーム、どれくらい続けてるんだろう?と思っていたら、通算のログインデータが出てきました。ログインするだけで、一日一回、ログインボーナスがもらえて、連続のログイン継続により、べつのボーナスももらえます。

「1111日」だって!何年?と思ったら、丸3年以上でした。笑
(現在では、「1448日」になっています)

3年もたって、改めて、このゲームアプリのおもしろさに気づいて、課金を決意するなんて(って、たった240円ですけどね。笑)、本当に、進化中のハイレベルなアプリだと思います。

今回のこの240円の課金で、自分の中で、この「英語物語」のアプリが甦りました。
ゲームアプリに課金をしない派の自分でしたが、今回は例外、、というより、こういう課金であれば、自分的にはOKです。笑

これで、ますます、英語学習も捗ることでしょう。笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする