衣類の黄ばみにも酸素系漂白剤

laundry

白シャツ、ちゃんと洗濯したつもりなのに、しばらく経つとなんか黄ばんでる・・・

「そんなときは…」ということで、たまたま点けたテレビが「ためしてガッテン」で、「黄ばみ」対策をやってました。

NHK ガッテン!「あの白さがよみがえる!シャツの黄ばみ一発解消SP」

家庭の水洗いで「皮脂」まで落とす法

黄ばみの原因は、繊維の奥に残った「皮脂」。
これが酸化して黄ばみとなるそうです。

正攻法は、クリーニング屋さんで、「ドライクリーニング」と「水洗い」の両方を依頼すること。だけど、いちいちクリーニング店になんて持っていかんし。
という人は、「家庭の水洗いで、皮脂まで落とす方法」をためしてみてください。

用意するもの

  • 台所用洗剤(濃縮タイプ) 大さじ1(濃縮タイプでない場合は大さじ2)
  • 酸素系漂白剤(粉末タイプ) 大さじ半分
  • 水 大さじ2
  • 洗濯洗剤 適量

黄ばみ対策の洗濯方法

  1. 台所用洗剤と酸素系漂白剤、水を混ぜ、軽く泡立つまでかき混ぜる。
  2. 黄ばんだ部分に、歯ブラシなどで塗り込み1分ほど置く。
    (黄ばみの程度に合わせて、置いておく時間は調節する)
  3. 洗濯洗剤を使って、通常どおりに洗濯を行う。

着るたびに通常の洗濯をしていれば、この方法は3ヶ月に1回程度、もしくは衣替えの前に行えばOKとのことです。詳細の手順はこちらで確認してください。

NHK ガッテン!「あの白さがよみがえる!シャツの黄ばみ一発解消SP」

あと、追加の情報含め、紹介してくれてるサイトもあるので参考にしてみてください。

11月1日のガッテン!で放送された「シャツの黄ばみを取る方法&予防する方法」を詳しくまとめてみました! なかなか落ちない黄ばみですが、台所洗剤を含めたいくつかの洗剤で洗うことできれいにスッキリ落とすことができます。 また、再度つきにくくするための予防法もご紹介します!

洗濯後の黄ばみ具合

仕事用でよく使う白のシャツがあるんですが、やはり、襟元や袖口が汚れやすいです。

ちょっと前までは、「ウタマロ」も使ってたんですけど、それでも、なかなかキレイに落ちず、今回の「ためしてガッテン」、早速試してみました。

はい、けっこう、というか、かなり落ちました。
でも、長い間、なかなか落ちきらない汚れが残っているようで、あと1、2回はこの方法で洗濯してみようと思ってます。
いったん、キレイに黄ばみが落ちたら、たしかに、月1回でもいいかもしれません。

やっぱり酸素系漂白剤!

ちょっと前まで知らなかったけど、この粉末の酸素系漂白剤ってけっこう有名になってきてますよね。
うちもアマゾンで安いときに3~4個買って、常時キープするようにしています。

これからの寒い時期は、空気が乾燥してればいいけど、天気が悪いとよけい洗濯物は乾きにくくなるので、部屋干しも多くなるかもしれません。

それに、帰宅時間が遅いと、乾いているんだろうけど、冷気で湿っぽく感じたり・・。
そんなときは、やはり、酸素系漂白剤も入れて、洗濯マグちゃんも入れて、洗濯するのが基本だし、室内でも干しておけるといいと思います。

洗濯の便利グッズはこちらも参考にしてみてください。

マグネシウムパワーの「洗たくマグちゃん 」(洗剤の量編)
ちょっと前に、「洗濯マグちゃん vs 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)」で、洗濯マグちゃんを使うときは、「洗剤や柔軟剤の量はどうするのか?」...
洗濯マグちゃん vs 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)
※ ジムで汗かいたウエアをその日のうちに洗えない人も必見です。笑 結論からいうと、現在、我が家の洗濯物は、二刀流です。 ...
マグネシウムで洗濯機もキレイになる「洗たくマグちゃん 」
洗たくマグちゃんとは: 高純度のマグネシウム99.9%を使って水素とアルカリイオン水を生成し 部屋干しの嫌な臭いの原因となるカビや汚れを...
驚異の洗浄力「過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)」
タイガーのステンレスボトル「サハラマグ」で職場にショウガ入り紅茶を持っていくように なって早1年ちょい。 ボトルの中は100均で見つ...