茶渋には過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)

以前にもステンレスマグボトル(以下、マグボトル)に付いた茶渋における酸素系漂白剤の驚異的な洗浄力について書いてはいたんですが、漂白する前の茶渋だらけのマグボトルの画像がありませんでした。

驚異の洗浄力「過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)」
タイガーのステンレスボトル「サハラマグ」で職場にショウガ入り紅茶を持っていくように なって早1年ちょい。 ボトルの中は100均で見つ...

ちなみに、この記事は、「過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤):茶渋編」と「過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤):茶渋編その2」の内容を統合したものになります。

「過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤):茶渋編その2」のリンクは削除しましたので、今後は、キーワードやカテゴリーでの検索でお願いします。

スポンサーリンク

ステンレスボトルの茶渋状況

実は、年末にも茶渋撃退大掃除をしたにもかかわらず、またまた使用前の茶渋写真を撮り忘れてしまったので、今回やっと、茶渋が溜まってから丸2ヶ月以上の写真が撮れました。笑

ホントは、1ヶ月に1回くらいはやりたいところですが、バタバタしていたのと、最近は、写真を撮らなきゃ!と思ってたから、余計に、タイミングを逃していました。

と、よくわからない言い訳ですが、要するに、めんどくさがり屋なだけです、はい。笑

ステンレスやゴムパッキンに塩素系漂白剤は使えない

ちょっと前まで、「漂白剤」というと、「キッチンハイター」だと思っていました。
でも、キッチンハイターって、「塩素系漂白剤」なんですよね。

塩素系漂白剤って、「ステンレス」に使ってもいいんだっけ?と、マグボトルを購入後、中の汚れに気づき、どうにかしよう!と思ったのが、「酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)」との出会いでした。

つまり、マグボトルなどのステンレス系に、塩素系漂白剤は使ってはいけないようです。ステンレスがダメージを受けて、保温や保冷の機能が低下してしまうこともあるようです。

ステンレスボトルの茶渋

この2ヶ月間、ほぼ毎日、会社にマグボトルを持っていっていました。

去年までは、忙しいときは、めんどくさいので、500mlのお茶のペットボトルにしたりもあったんですが、インフルエンザ大流行のニュースを聞いてから、紅茶から離れられなくなりました。笑

インフルエンザ撃退法
最近、紅茶がインフルエンザに効果があるってテレビで見ました。 以来、ランチのあとのドリンクに、コーヒーよりも紅茶を選ぶ人が増えてるんだとか...

はい、2ヶ月でこんな感じ。

毎日、食器用洗剤を使ってスポンジで(あの100均とかにもある、ボトル用の柄のついたスポンジも使って)、ゴシゴシ洗ってもこんなに茶渋だらけになってしまいます。

中ぶた、外ぶたの茶渋

マグボトルは、中身のステンレスだけでなく、中ぶた、外ぶた等も茶渋がつきますが、通常の食器用洗剤でのスポンジ洗いだけだと、だんだん茶ばんできます。

塩素系漂白剤は、ニオイも気になるし、プラスチック部分はともあれ、ゴムパッキン部分などはあまり浸けておいておくのは気が引けます。

なので、フタ部分も過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)を使います。

目立った汚れがなく、ニオイ等もなければ、ゴムパッキンは、短時間で先に引き上げてもいいと思います。

プラスチック部は、小1時間ほど浸けておきました。

通常のスポンジ洗浄だけでは、だんだん汚れが付いてきていたのですが、これで、新品のようにきれいなプラスチックのフタに戻りました。
(すみません、写真ないんで次回撮って追加します)

酸素系漂白剤の使い方と結果

たくさん入れちゃダメですよ。泡だらけになっちゃうから。笑

酸素系漂白剤の使い方

今回は、最初は、小さじ半分入れました。

お湯の温度は、あらかじめマグボトルに水道水を3分の1ほど入れておいて上からヤカンで沸かしたお湯を注ぎつつ(でないと、一気に温度が上がりすぎてしまうので)、、温度計(100均で買った)で、60度くらいに調整します。
お湯が熱すぎたら、水を入れ、ぬるすぎたら、お湯を入れます。

このお湯の温度の調整だけ、ちょっとめんどくさいけど、1回で完全にキレイに洗浄したいのでがんばります。笑(たぶん、ネットで調べると、水とお湯の割合で、だいたい温度がどれくらいになるかとか、出てくると思うんですけど、今回は調べてません)

小さじ半分にしたら、最初、なかなか泡が出てこなかったので、やっぱり少なかったのかなーと、あと小さじ半分足してしまいました。

このまましばらく放置します。

ついでに、残ったお湯を使って、同じように60度くらいに調整をして、マグボトルのフタの部分も洗浄します。フタの部品を分解して、ボールに浸けておけばいいと思います。

うちでは、どうせなので、一緒に、湯飲みやマグカップや布巾なども浸けてしまいます。

そうこうしているうちに、、

あー、やっぱり小さじ半分でいいんだ、足さなきゃよかった。笑

酸素系漂白剤 vs ガンコな茶渋

他の家事をしつつ、放置しておくこと、小一時間。
以下のように決着がつきました。

本当に、新品のマグボトルのように輝いてます。
というか、こんだけ汚れてたんだ、とショックでもあります。笑

中ぶた、外ぶたもとてもきれいになりました。写真小さいですね。笑

次は、どれくらいの期間で茶渋が溜まってくるか観察しておきます。

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)の購入方法

ということで、酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)はこちらから。

アマゾン

Amazon.co.jpで買う
過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤) 1kg
  • ケーイーケー (KEK)
  • 価格   ¥ 740
  • 販売者 リコメン堂
クリックして今すぐチェック

楽天市場

アマゾンは、408円くらいが基本のようが、かなり価格変動があるので購入時に確認してください。
プライム会員なら、1個の408円でも送料無料で送ってもらえます。

楽天市場では、楽天24やケンコーコムなど、アマゾンより安いショップもありますが、〇〇円以上で送料無料、というように、単品では送料無料になりません。

おすすめは、単品での最安値は「ケンコーコム」ですが、他の購入予定のものの価格を比較しながら、「楽天24」や「爽快ドラッグ」を見てみてください。

最初は、ちょっと手間がかかりますが、最初に商品検索をしながら、エクセルに商品名と価格をコピペしておくと、比較しやすくなりますよ。

ただ、楽天24にしても、ケンコーコムにしても、スーパーやドラッグストア、ペットショップまでも含んだ品揃えになっているので、ある程度の金額までまとめ買いをすると、送料無料になるだけでなく、10%や15%オフなどのクーポンがその場で使えることもあるので、チェックしてみてください。

ただし、楽天24、ケンコーコム、あと、爽快ドラッグも同じ系列だと思うんですが、注文してから配送までは、アマゾンや通常の楽天市場よりもかなり日数がかかりますので、お急ぎのものを注文するときは、注意してください。