ビタントニオのミニボトルブレンダー その2

ちょっと前に、「ビタントニオのミニボトルブレンダー」について書きました。

ビタントニオのミニボトルブレンダー
スムージーとか作ることができるミニボトルブレンダーです。 ミニなので、MAX280ml、、ま、おひとりさま用というより、1回分用ですね。 ...

ビタントニオのミニボトルブレンダーの活用法

前のときは、牛乳とアーモンド、牛乳とドライプルーンとなんとも想像力のないレシピしかトライせず、最初に何回か使ったっきり、しばらくの間、棚の奥で眠ってました。笑

そして、最近、新しいレシピをトライしてまして、これがおいしーの、なんの!笑
ビタントニオのミニボトルブレンダー、大活躍なので、再度、紹介してみることにしました。

ヨーグルトと飲むヨーグルト

ヨーグルトも体によいものの代表的な食べ物だと思います。
体にいいのはわかってるけど、週何回かでもずっと食べてると飽きてきます。笑

ちょっと前は、さらに体にいいという夜に食べる「ホットヨーグルト」なんぞも試してみたけど、さらに、飽きのくるペースが早まったかも。笑

そう、食べるヨーグルトは飽きちゃったんだけど、なぜか、「飲むヨーグルト」というと、イメージ変わりません?

きっかけは、テレビの健康情報番組「この差って何」で、「飲むヨーグルトと梅酒」が便秘にいいとやっていたんです。

ま、梅酒というお酒でありながら、健康にもよいというのも大きなポイントではあったと思うけど、だいぶ飽きてきた「ヨーグルト」が含まれてるにもかかわらず、「おいしそう!」って
思っちゃったんですよね。笑
(正確には、「ヨーグルト」ではなく、「飲むヨーグルト」です)

飲むヨーグルトのレシピ

ということで、ヨーグルトは飽きたけど、飲むヨーグルトはおいしそうに感じるので、だったら、ヨーグルトを飲むヨーグルトにしちゃえばいいんじゃない?と思った次第です。笑

ということで、ヨーグルトを入れて、基本は、小さな氷を入れたり、さらに、お腹にもよさそうな牛乳も足してみたり、そのまま、鉄分補給のプルーンドリンクを足してみたり。

甘味が足りないときは、ティースプーン一杯くらいオリゴ糖を入れています。ハチミツでもいいと思う。

ヨーグルトとキウイを入れると、ふつうに、ヨーグルトにキウイを入れて食べるのとは違って、なんだかとても贅沢な生キウイヨーグルトジュースになります。
小さじ半分くらいのオリーブオイルをプラスするのもおすすめです。

(左から、ラブレとヨーグルト、真ん中、キウイとヨーグルトのシェイク前、右がシェイク後です)

黒ゴマときなことヨーグルトのシェイクもおすすめ、リンゴとヨーグルトのシェイクもおいしかった。
こうして、ちょっと食べ飽きてたヨーグルトがヘルシーなヨーグルトシェイクに変身しました。笑

ちなみに、けっきょくまだ、飲むヨーグルトと梅酒は試していません。笑

自分なりのスムージー

たしかに、スムージーって体によさそうだし、流行ってるし?笑
でも、スムージーのレシピ見ても、自分的にはあんまりピンとこなかったんですけど、あまり、レシピにこだわらなくてもいいんじゃないかと、今回思いました。

前に、スーパーフードスムージーの「イントロジュース」も紹介したんですけど、、

スーパーフードスムージー「イントロジュース」
※ 新しいフレーバーがリリースされているので追加しました。 「イントロジュース」なるものが出ているようです。 どこのメー...

この「ビタントニオのミニボトルブレンダー」を使っても、それに近いものができると思います。

で、中に入れるものを工夫すれば、栄養価も味も量も自分でコントロールできるし、新鮮度もピカイチです。もちろん、添加物フリーですよね。
しかも、この「ビタントニオのミニボトルブレンダー」、使い終わったあとのお手入れも超簡単です。

「イントロジュース」はけっこう単価が高くて、続けるっていうとけっこうハードルが高かったので。笑
もうひとつ、ミニストップとナチュラルローソンだけでなく、もう少し、取り扱いのコンビニも増えてくれるとありがたいんですけどね。

ということで、「ビタントニオのミニボトルブレンダー」の新たな可能性に気がついた、というお話でした。笑

作る手間と後片付け等の時間は、イントロジュースよりもちろんかかりますが、時間(手間)とコスト、また、栄養素のバランスという意味でも、ビタントニオとイントロジュースの併用なども考えてみてもいいのかもしれません。