世界バレー2018、第2→第3次ラウンドへ!

決勝戦は、セルビア対イタリアで、フルセットの死闘の末、セルビアが勝ったそうです。

3位決定戦は、中国対オランダで、中国の勝利だったそうです。


思い起こすと、第1次ラウンド、オランダに2-3で競り負けた段階で、そのあとの第2次ラウンドでもドミニカ共和国相手に、フルセットまでもつれ込んだ段階で、正直、第3次ラウンドの進出は諦めてました。笑

第3次ラウンド進出へのセルビア、ブラジル戦

それが、まさかのまさか、10/10(水)のセルビア戦に勝っちゃったもんだから、試合後、その感動を走り書きしたんだけど、次の日見たら、アップされてなく、、下書きにも残ってませんでした。喜びすぎて、キー操作、失敗したみたいです。笑

世界バレー2018
第2次ラウンド最終戦のブラジル戦、2セット先取し、このままストレートで逃げ切れるか?(第2次ラウンドの1位通過)と期待したものの、けっきょく...

第2次ラウンド最終のブラジル戦の前に、勝敗に関係なく、ブラジルから1セット取れれば、第3次ラウンドへの進出が決定する(ブラジルは逆にストレートで勝利するしかない)、ってことだったけど、ブラジルから、しかもこういうときの「1セット」は重いよね~とまだ半信半疑でした。笑

それがなんと、逆転で1セット目を先取する、といういままでの全日本からしたら、なかなかあり得ない展開を見せてくれ、ブラジルも第3次ラウンド進出がなくなったから、集中力の糸が切れたのか、2セット目も日本が取ってしまい、まさかのまさかの、ブラジルにストレート勝ち?と舞い上がったところで、第3セット、第4セットとブラジルに取られ、ストレート勝ちどころか、けっきょく、フルセットの末、ブラジルに惜敗。

第3次ラウンドの対戦相手と日程

ブラジル戦の是非はあとにして、まず知りたかったのは、第3次ラウンドの対戦相手と日程。

なぜなら、帰宅後に録画した分をある程度集中して見るとすると、セット数によってはけっこう時間がかかり、夜かなり遅くなってしまうので、翌日、半休でも取ったほうがいいか(笑)、検討したかったのと、自分が最初に調べたテレビ放送予定では、第3次ラウンドのテレビ放送予定は、14日と15日となっていたものの、第3次ラウンド自体は、14日~16日と出てきたので、試合日程の確認をしておきたかったので。

2018女子バレーボール世界選手権 公式ホームページ。チケットインフォメーション、大会概要、試合結果、フォトギャラリー、選手動画など情報満載。

要は、第3次ラウンド自体は、3日間あっても、開催国日本のテレビ放送時間は、あらかじめ決まってた、ってことだろうね。

世界バレー2018の3次ラウンドに日本女子バレー代表チームは見事進出! 10月11日の対ブラジル戦に負けたもの…

日本戦のテレビ放送は以下の通りです。

10/14(日) 18:30~21:00* 第1戦:セルビア戦 ●0-3
10/15(月) 19:00~21:00* 第2戦:イタリア戦 ●2-3
10/19(金) 19:00~21:00* 5~6位決定戦:アメリカ戦 ●1-3
* 延長あり

日曜日は、18時半からテレビ放送があるようですけど、試合開始時間の19:20は両日とも同じようです。
きっと、いままでの第1次ラウンドからのハイライトとか、試合前の監督・選手のインタビューとかで時間をかけるんでしょう。
ま、今回は、試合前の恒例だった「ジャニーズ」が歌ったりしないのがいいですね。笑

第2次ラウンド最終ブラジル戦の謎

第1セットを逆転で勝ち取り、第3次ラウンドへの進出がなくなり集中力が切れたであろうブラジルに続く第2セットも連取し、まさかまさかのブラジル相手にストレート勝ち?を夢見た一瞬。笑

けっきょく、その後の3セットを逆にブラジルに連取され、第2次ラウンド最終ブラジル戦は、フルセットの末、負けてしまったんだけど、なんで勝ち切れなかったのか、とネット上でも話題になってました。

世界バレー女子、3次リーグ進出6チーム決定準決勝行き切符めぐる戦いへ◇バレーボール女子世界選手権2次リーグ(2…

中田久美監督の采配ミスだったんじゃないかとか、キャプテンの岩坂さんや内瀬戸さんに温情をかけたんじゃないかとか、いや、もう第3次ラウンド進出は決まったわけだから、第3次ラウンドに向けての選手の調整、使える・使えないの判断をしたんじゃないかとか。

はたまた、ブラジルに勝って、プールの1位通過をしてしまったら、もうひとつのプールの1位イタリアとではなく、2位通過の中国と対戦するだろうから、あえて、中国を避けたんじゃないか、とかとか。

個人的には、調整論はあるとしても、温情論はないと思うな。
中田久美さんは、女子バレー界のシンクロの井村さんでしょ? ま、もう少し時間はかかるかもしれないけど、名将の素質があると思う。

それと、第3次ラウンドの対戦相手を見据えての戦略だとしたら、、そもそも、抽選会でのプールの決め方のルールってどうなってるんだっけ?と、組み合わせの抽選会のルールが書かれたサイトを探して、1回見つけたんだけど、そのまま、他のサイトへフラフラと寄り道してたら、どこのサイトのどこのページだったか、見つけられなくなりました。笑
その場ですぐに「お気に入り」なりに入れとかないと!

でも、たしか、各プールの1位同士は同じプールにならない、っていうのと、同じプールの1位と3位がふたたび同じプールにならないようにするとも。
つまり、オランダとセルビア、イタリアとアメリカは同じプールには入れない。これはすでに対戦済みの1位と3位だとその実力差が第3次ラウンドにも持ち込まれてしまうという配慮からかな?

だとしたら、今回の世界バレーでは、相手プールの2位通過でも、世界ランク1位の中国を避けて、今大会では負けなしのイタリアでも世界ランキングでは日本とトントンだし、そっちに賭けた、という可能性は捨てきれない。
ま、イタリアとセルビアが弱い相手ではぜんぜんないけど、仮に、日本が1位通過していたら、オランダの代わりに日本だったわけで、そっちのプールだと、世界ランク1位の中国と同じく世界ランク2位のアメリカと同じプールでの3チーム総当たり戦になっちゃうわけだからね。

ただ、そういう計算があったとしても、最終的にフルセットで負ける必要まであったかどうかは疑問です。ストレートで勝ったら、第2次ラウンド1位通過だったけど、3-1や3-2でけっきょく勝ち切ったとしても、2位通過は変わらなかったんだとしたら、なにも、負ける必要まではなかったよね、と。
ま、どちらにしても、ブラジル相手に、ストレートでは勝たないけど、勝ち星はもらう、なんて、そんなコントロールはできっこないと思うけど。
(だから、結果としては、フルセットの末、負けてしまった、ってことなのかな?)

この前のサッカーとおなじニオイがしなくもないよね、守りに徹してボール回しで時間つぶしていたあれと。

まー、そこまで露骨ではなかったけど、相手はブラジルなんだから、あの選手起用はたしかに疑問が残りました。

とにかく、第2次ラウンドは突破して、第3次ラウンドへ進むわけだから、明後日からの第3次ラウンドを待ってみましょう。

がんばれ、ニッポン!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする