コロナウイルス騒動でわかるマスコミの嘘(リライト)

現時点でのコメントを一部、追加しました(赤字部分)


先週(3月3日)のテレ朝「報道ステーション」を見ていたら、クルーズ船での感染者を含めた感染者数を「日本国内感染者数」として報道していたので、現状の日本政府の対応やそれに対するマスコミの報道について、自分の認識をみなさんとシェアしておきたいと思いました。

といっても、マスコミが偏向報道だらけであると知ってからも、いまだにテレビのニュースにまんまと引っかかってしまうこともまだまだある身なので笑、知識不足・認識不足な記述があるかもしれませんが、ここで書いた内容について、もし、間違い等あれば、都度、修正いたしますので、ご了承ください。

とにかく、TVや新聞で報道されていることが必ずしも正しい情報でないことを一人でも多くの人に知ってもらい、政府が目指すところをきちんと理解して、今こそ、日本国民一人一人が力を合わせて、この未曾有の国難を乗り切りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の国内感染者の正確な数を把握していますか?

3月3日のテレ朝「報道ステーション」では、番組内のフリップでは「国内感染者数:995人、死者:12人」となっていました(3月10日7時時点では、日本国内で514人となっています)
最新情報はこちらから確認できます。

新型コロナウイルス感染症まとめ - Yahoo! JAPAN
新型コロナウイルス感染症についての、感染者の発生状況や厚生労働省などの公式発表、ニュース、Q&Aなどをまとめました。

それに対し、3月3日の報道ステーションでは、「995人の感染が確認されている」と報道していました。

記事タイトル|ニュース詳細|報道ステーション|テレビ朝日
「報道ステーション」オフィシャルサイト

3月3日当時はまだ横浜港のクルーズ船で感染者が706人になっていたので、「報道ステーション」の「995人」という数字は、クルーズ船内の感染者数をしれっと、日本国内の感染者数に含めていたわけです。
当時はまだ日本国内の感染者数は300人台前半で、900人越えの感染者数に、「そんなに多かったっけ?」と驚き、マスコミの煽り報道に気がつきました。

すでにご存知の方も多いかと思いますが、クルーズ船の船籍はイギリスで、ツアー主催はアメリカなので、クルーズ船内はそもそも「日本」ではないんです。
なので、WHOもクルーズ船内の感染者は日本の感染者としてはカウントしていません。

3月15日時点、テレビのニュースでは、日本国内感染者などの表記に「クルーズ船含まず」と書かれているのを見ました。
14日の首相会見で、大っぴらにウソのデータを出しにくくなったのかもしれません。

と思ったら、いまだに、クルーズ船内の感染者をどうしても日本国内としたい輩もいるようです。

国内感染者1500人超 死者31人 - Yahoo!ニュース
名古屋市は15日、新型コロナウイルスに感染していた高齢男性が死亡したと発表。札幌市でも同日、80代女性が死亡し、国内で確認された死者は31人となった。国内の感染者は1500人を超えた。

識別ポイントは、記事のタイトル「感染1500人超す 新型コロナ、死者は31人」のあとに、ニュースソースが出ています。どこの報道機関が「偏向報道」をしているのか、確認する習慣をつけるといいと思います。
ちなみに、この記事は、「時事通信」。

「報道ステーション」だけじゃなかった!

それと、こちらは3月4日の朝、ネットで見ました。
そうでした、「共同通信」もテレビ朝日も反日系でしたね。笑(あと、「時事通信」も)
あと、NHKなども当たり前のようにクルーズ船の感染者数を含めた数字を「日本国内の感染者数」としてします。

「新型肺炎、国内感染者1000人 死者12人、27都道府県に」
(いずれリンク切れになるので、見出しだけ残しておきます)

新型肺炎、国内感染者1000人 死者12人、27都道府県に(共同通信) - Yahoo!ニュース
新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)が拡大している問題で、山口県が4日、新たに1人の感染を発表、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者を含め、国内の感染者が千人となった。死者は12 - Yahoo!ニュース(共同通信)

現時点で、日本の感染者数は500人は越えていますが、日本国内の死者は9人です。

どれが最善の道か、まだ誰にもわからない

たとえば、2月の終わりにアナウンスされた「全国一斉休校要請」。
(「要請」なのであくまで「お願い」です)

クルーズ船に対する日本政府の対応に対しては、「後手だ!後手だ!」と騒いでた野党、今度は、「場当たり的」と言ってました。笑
一斉休校しなけりゃしないで文句言っただろうし、したらしたでやっぱり文句言ってたし、、今まで散々、コロナそっちのけで、「サクラサクラ」と騒いでいた野党とその議員たちの顔を我々はしっかりと覚えておくべきでしょう。

野党の反対もありましたが、その後、海外でも休校対策を取るようになっていて、これは、安倍内閣の「先手」であった、と評価されています。

なぜ学校を休校にしたのか

「急に学校休みと言われても…」という保護者のコメントがテレビでたくさん流れていましたけど、いまはもはや「平時」ではなく「緊急事態」だと思うんです。
「戦争」とまでは言わないけど、もしかしたらのもしかして、、やっぱりどこぞの国が意図的に流出させた「コロナウイルス」という名の生物兵器のウイルスかもしれないわけですよね?
重症化は少ないといっても、感染力はインフルエンザの並みじゃないくらい強烈だと思います。

蓮舫さんは、「子供は感染者が少ないのに休校にしても意味がない」と言ってましたけど、インフルでさえ学級閉鎖になるくらい「学校」で蔓延するわけです。
子供たちが学校からウイルスを持って家に帰ったら、保護者に移ることもあるし、祖父母と暮らしていたり、行き来してたら、重症化するリスクが高いと言われている「高齢者」に行き着く可能性があるんです。

そして、感染リスクとして通勤電車の混雑を緩和するために、企業でも時差通勤やテレワークが急速に広まっています。
もちろん、すべての業務に適用できるわけでもなく、まだまだ問題点もあるテレワークですが、今年のオリンピック開催に向けて都内の企業では、電車の混雑緩和を目的とし、すでに昨夏に「テレワーク」に取り組み始めていました。
そういった事前準備があったからこそ、今回のコロナウイルス騒動でも、企業も素早く「テレワーク」対応に踏み切れたんだと思います。

一斉休校に対する保護者の休業補償の話も出てますが、学校だけでなく、イベントなど自粛要請によるスポーツクラブの休館もそうですけど、フリーの人や自営業の人もいるし、経済的被害も甚大でしょう。

だから、今回の自粛要請が今後どうなるのか、早く方針を示せ!と安倍総理に詰め寄ってる野党の議員もいるようですけど、こんなわけのわからない感染力が恐ろしく強いウイルスが拡散するなんて、誰が予想できたんですか?未知のウイルスです、わからないことだらけなんです。
「早く方針を示せ!」と安倍さんに言う前に、日本の、世界のこの非常時に、議員みんなで協力しなけりゃいけないんじゃないですか?

3月10日夜の時点で、10日間の自粛要請継続、との告知がありました。まー、、仕方ないですよね・・。

なぜ希望しても検査が受けられないのか

韓国では、誰でも検査ができるようにと、ドライブスルー検査なども導入し、感染者数が急増しました。その結果、武漢と同じように、病院内がパニックになってるそうです。
(マスコミは、韓国のほうが日本よりも検査数が多いということだけ報道して、その結果として、どんな問題が生じているかはほとんど報道していません)

武漢の病院内がパニック状態になった映像はみなさんの記憶にも新しいでしょう。
(現在、イタリアの医療崩壊も問題になっています。こういう映像を見ると、ここまでの日本の対策は、必ずしもベストではないかもしれないけど、けっして、正しいであろうラインからは外れていなかった、という思いが、少しずつ「確信」へと近づいているかもしれません)
ああなってしまうと、本当に治療を必要とする重症患者が適切な治療を受けられなくなることもあります。

マスコミのミスリードで、たとえば、日本はオリンピックを控えてるから、海外に向けても感染者数を増やしたくないから検査したい人もさせてもらえない、と信じている方もいらっしゃるようです。

たしかに、現状で不運にも感染してしまうと、ニュースになってしまったり、職場や立ち回り先まで消毒されてしまったり、、だったら、いっそ、「わたしは感染してません!」とコロナウイルスに「陰性」であるという証明をしたいという方もおられるでしょう。

でも、その陰性の証明をもらうために、皆が病院へ殺到したらどうなると思いますか?
病院がすごい混雑し、もしかしたら、その院内で二次感染が起きるかもしれません。
検体の数も増え、検査結果が出るまでには相当の日数もかかってしまうでしょう。
なぜなら、現時点では、インフルエンザのように、その場で検査結果がわかる、簡易の検査キットがありません。だって、まったく新しい未知のウイルスなんですから。

そして、仮に、不運にも「陽性」となってしまったら、コロナウイルスは「指定感染症」なので、入院や隔離されることになると思います。もし、自覚症状のほとんどない軽症であったとしても。
そうすると、軽症患者で病院のベッドが埋まってしまい、本当に、緊急に治療が必要な重症患者のベッドが足りなくなってしまうかもしれません。

感染力は異常に強いが、致死率は一部の人を除いてそれほど高くない、というのであれば、焦点は重症患者がきちんとした医療を受けられる環境を作ること。
そのために、武漢や韓国のように、医療崩壊しないようにする、というのが日本政府の最優先事項だということでしょう。

それと、もうひとつ、潜伏期間もあります。
その間は、検査しても陽性反応が出ないこともあります。さらに、検査結果が出るまである程度の日数がかかることを考えると、たとえば、今日検査して、数日後に検査結果が出るとして、「陰性」と出たとしても、その数日後の時点でも必ずしも「陰性」である、とは言い切れない、ということです。(インフルエンザでもありますよね?)

それでもまだ、日本の検査数は少ない、受けたい人が受けられるようにしろ!と言いますか?

体調不良なら自宅待機しましょう

ちょっと熱があって、ちょっと咳してても単なる「風邪」かもしれないし、でも、周りでこれだけ「コロナコロナ」と言われると、いままではそれくらいじゃ、病院に行くのはもちろん、薬を飲むことさえしなかったくせに笑、「もしかしてコロナかも?」って不安になるかもしれません(わからなくもないです笑)

でも、熱も何日も続いてないなら、まずは自宅でゆっくり静養して様子を見てください。
単なる体調不良でコロナではない人が病院に行くと病院が混雑しますし、もし、「コロナ」の可能性がある、と言ったら、二次感染防止のため、病院も厳戒態勢にしないといけません。

もしくは、本当の本当に、万が一、コロナに感染してたとしても、軽症なら病院に行ったところで、治す薬もまだありませんからね。

とにかく、、まずは落ち着こう!

マスクは相変わらずないけど、トイレットペーパーはあるそうです。物流は止まってないから、少したてば元に戻ると思います。

思えば、9年前の震災のあともとても大変な生活が続きました。
でも、我々日本人ならヤケになったりせず、こういうときこそ、国民ひとりひとりが良心と思いやりのこころで、おたがい助け合ってこの国難を乗り越えなければならないと思います。

大丈夫!
我々日本人なら必ずや乗り越えられるから。
だから、テレビや新聞の報道だけを鵜呑みにして、日本政府のやり方に疑心暗鬼になったりしないで、まずは感染を拡大させないよう、手洗いうがい、人の多い場所への自粛など、一人一人ができることを落ち着いて、ちゃんとやってくようにしましょう。

数ヶ月後くらいには、「あのときはトレペなくて、もう大変だったよねー」と笑えるように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました