つながらないフリーWiFiの対処法

最近、フリーWiFiのサービスがあるところも増えてきて、これから、2020年の東京オリンピックに向けて、ますます増えていくだろう、フリーWiFiのサービス。

お店や施設に、「フリーWiFi」ってあると、ラッキー!って思います。
だって、いまいま、auのピタットプランを使っているので、通信料が少なければ、それだけ、通信料が少なくなって、月々の支払いも少なくなるってこと。

正確に言えば、1ギガ単位、、1ギガ→2ギガ→3ギガ→5ギガ、となっているけど、こういうのって、やっぱり「チリツモ」なので、抑えられるところでは抑えておくべし。笑

フリーWiFiなのにつながらない?

WiFiをオンにしていると、自動的にキャッチしてくれて、WiFi接続中のアンテナマークが出ますよね。

「フリーWiFi」提供エリアに入ると、同じように自動的にWiFi電波をキャッチして、WiFi接続中のマークが出ます。で、つながった!と思って、いざ、ネットにつなぐと、セキュリティ云々のメッセージが出て、けっきょく、何にもできないんですよ。

Safariもダメ、Chromeもダメ、メールもダメ、ゲーム系のアプリもダメ、、つまりは、どれも、せっかくWiFiがあっても、セキュリティ的には、接続してないってこと。

で、けっきょく、メールにしろ、ネットにしろ、急いでるときは、つながってるはずのWiFiをオフにして、4Gで接続するしかないんですよ、キャリアの通信料使って。
本来は、「フリーWiFi」が利用できるはずなのに!

タウンWiFiのアプリ

自身、何度か、そういうケースに遭遇して、やっと調べてみました。笑

結論から言うと、「タウンWiFi」というアプリがあります。そのアプリを通して接続すると出てました。そして、実際にそれで接続できました。

フリーWiFi提供エリアによっては、パスワードを提供してるケースもあります。
でも、自動的に、そのWiFiを拾ってしまうと、そのパスワードを入れるところが出てこないんですね。

なので、タウンWiFiのアプリを通して、一度、ちゃんとそのパスワードを登録します。それによって、最初に出ていた「セキュリティ」の安全性が確保できない問題が、そのパスワードによって、認証されるということだと思います。(すみません、、詳しくはないので、説明する適切な用語がわかりませんが…)

ということで、いったん、タウンWiFiのアプリ経由で、そのフリーWiFiを登録してしまえば、次回以降、そこのエリアに入ると自動的に、セキュリティ的にも認証されたフリーWiFiにつながるようになるということです。

タウンWiFiのアプリのダウンロード

ということで、アプリはこちらからダウンロード可能です。

けっこう、自動で接続してくれるフリーWiFi系はたくさんあるので、アプリをインストールして、一回設定しておくとかなり便利だと思いますよ。