天使の休足

けっこうなネーミングですよね。笑
実はこれ、いわゆる着圧ソックスといわれるものです。

今年の初め、「寝ながらメディキュット ロング あったかつま先 カシミヤ入」を試してみたんですが、温かくっていいなーと思ってた矢先、ふくらはぎに猛烈なかゆみが出て、履けなくなっちゃったんです。

着圧ソックスとの相性

このもっと前にもメディキュットの着圧ソックスは試したことがあったんですけど、あんまり長い時間履いていられませんでした。あんまり合わないんでしょうね。

でも、ふくらはぎの疲れやだるさを感じたり、足がつったりすることもあったので、もう一度ちゃんとケアしようと思ったんですけど、何日か気持ちよく履いていたら、ものすごい痒みに襲われました。

この「かゆみ」の原因は、基本的に、「肌荒れ」とのことだったので、それから、「ニベア エクストラリペアボディミルク」を使うようになりました。
ふつうのニベアより高いけど、やっぱりぜんぜんちがいます。冬の乾燥肌の季節でも、これ1本で大丈夫です。(実際にはすでに数本は消費してますけど、他のボディケアを必要としない、という意味です)

ドラッグストアで見ると、マツキヨとかでも900円くらいしてますけど、アマゾンだと600円台で買えます。最安値はたしか618円でした。

でも、この「ニベア エクストラリペアボディミルク」を使ってもクレイジーなくらいのかゆみだったので、けっきょくそのときは、「寝ながらメディキュット」を履くのを諦めました。

そうはいっても、この「寝ながらメディキュット ロング あったかつま先 カシミヤ入」、かゆくならない人にはすごくいいと思います。履ける人、うらやましいです。
だって、真冬でも本当につま先まで暖かいんだもん。プラス6℃は、けっして課題表現ではないと思います。
ことしの冬も一回くらいは試してみよーかな?ダメもとで。笑

サイズは、MとLがあります。

ふくらはぎのケア

足というより、ふくらはぎがつりそうになったり、実際に、つっちゃったり、、足がだるかったり重かったり。

リトモスも曲によっては、どちらかの足だけに負担がかかったり、ヒザに負担がかかったり。
やってるときは気づかないけど、夜になって、もしくは、次の日に、足がだる重になって、「あー、アレだな…」みたいな。笑

第2の心臓と言われているふくらはぎをちゃんと時間をかけてマッサージすればいいんでしょうけど、忙しいとついつい後回しになって、ベッドに横になってから思い出したり。(そしたら、寝ちゃうよね?笑)

で、着圧ソックスのかゆみの原因をもう一度調べてみたら、乾燥肌や肌荒れだけでなく、着圧ソックス自体の素材についても出てきました。

寝ながらメディキュットの素材は、「アクリル・ナイロン・ポリエステル・ポリウレタン・ウール・アンゴラ・カシミヤ」となってます。

かゆくなってしまう人には、綿が入ってるものがいいと書いてあるサイトもあったんですけど、この「天使の休足」は、「綿、レーヨン、ナイロン、ポリウレタン、アクリル」となっています。

いちばん初めに出てくる素材の割合がいちばん多いってのは、食品だけでなく、こういう商品でも共通なのかな?
だとしたら、寝ながらメディキュットは、アクリルが多いからチクチクしやすくって、天使の休足は、綿が占める割合が多いってことでいいのかな?

まだかゆくならない、天使の休足

素材的に、「ナイロン、ポリウレタン、アクリル」は被っているけど、使いはじめてから2週間弱、いまのところまだ、かゆくなってません。でも、まだ半信半疑です。笑

届いてから毎日履いているんですけど、履いたまま座ってあぐらをかいたりしてると(笑)、やっぱり窮屈になってくるので、ジムのない日は、お風呂入ったあと、食事の支度したりする立ち仕事の時間に、ジムに行った日は、夜、寝るときに履くようにしています。お風呂上りに「ニベア エクストラリペアボディミルク」を塗ることもサボらないようにしてます。

色は、ブルーとピンクの2色で、サイズは、MとLの2サイズです。
着圧ソックスでかゆみが出てしまうという人はぜひ、「天使の休足」、試してみてください♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする