毛布の順番

この前、ネットで、「羽毛布団と毛布の重ね方の順番で、暖かさが変わる」というニュースを見ました。

うちは何年か前にこの順番を知ってから、毛布は羽毛布団の上にかけるようにしています。

スポンサーリンク

羽毛布団と毛布の順番

オムロンの「ねむりラボ」でも、「Twitterで話題沸騰中!毛布の使い方で変わる、布団のあったか度」と紹介されていました。

最初は、えー?毛布の上に寝ちゃうの?と思いましたよ。笑

理想の順番と実現的な順番

「ねむりラボ」によると、一番暖かいのは、毛布の上に寝ることだそうです。

実際に寝てみたら、たしかに暖かかったです。
暖かすぎて、気温によっては、この真冬でも寝汗をかいてしまうくらい。笑

でもそうなると、毛布もじゃんじゃん洗いたいですよね? シーツと同じように。
いくら、ウォッシャブルの毛布だとしても、この時期、外気温や湿度など天気にもよるし、朝洗っても夜までちゃんと乾くかもわからないし。

そんなこんなで、我が家では、毛布の上に寝る「◎」ではなく、羽毛布団の上に毛布をかける「○」で落ち着きました。
洗濯とか実用的な手間も考えると、これが一番現実的だと思います。

でも、たしかに、毛布の上で寝るのはとても気持ちよかったので、ぜひ一度はトライしてみるといいと思いますよ。笑

Heat Warmのモコモコ毛布

そして、羽毛布団の上にかける毛布も保温性の高い毛布のほうが暖かいです。

おすすめは、「Heat Warm」(ヒートウォーム)で+2℃の「2枚合わせ毛布+発熱敷きパッド シングル 2点セット」、我が家では「モコモコ毛布」と呼んでいます。

発熱敷きパッドと2枚合わせのかけ毛布があります。
なので、うちは、敷きパッドはシーツの下に敷いて(これだけでも十分に暖かいです)、2枚合わせのかけ毛布を羽毛布団の上にかけています。

アマゾンはこちらから。

ちなみに、「2枚合わせ」とあるのは、毛布そのものが2枚合わせの作りになっていて、それが暖かさの秘訣とのことのようです。けっして、「2枚合わせ」が「敷きパッド」と「かけ毛布」の2枚組、2枚セット販売を意味するわけではないのでお間違えのないように。
(はい、自分も最初は勘違いして注文するとこだったので。笑)

もちろん、敷きパッドだけ、かけ毛布だけの単品販売もありますが、敷きパッドとかけ毛布の2点セットのほうが割安でお得になってると思います。
家族でシェアして使うのもありかと思います。

もこもこ毛布の洗濯の頻度

ということで、直に毛布の上に寝てるわけではないので、春夏用のベッドパッドと同じような扱いでいいと思います。

とくに、すごく汗をかいたとかでなければ、シーズンごとの洗濯でもいいんでないですか?
直に肌に触れるシーツはもっと頻繁に洗ってるわけだし。

そして、もこもこのかけ毛布も羽毛布団の上なので、ただし、ホコリはつくと思うので、シーズンごとの洗濯でいいかと。

そして、羽毛布団は当然、自宅の洗濯機では洗わないので、外カバーだけ洗濯すればいいし、これもシーズンごとでいいですよね?

と、モコモコ毛布を使って、暖かいだけじゃなく、エコにもなります(家事の手抜きにも!?笑)