Bluetoothイヤホン

最近のBluetoothは、ホント使いやすくなりましたよね。

一昔前は、接続するのが面倒な感じがしましたけど、いまは、ワンタップでつながる、といったイメージです。

有線イヤホンから無線(ワイヤレス)イヤホンへ

最近のiPhoneは、イヤホンもワイヤレスになったんですが、自分の初代のiPhoneでは、付属のイヤホンは、有線でしたから。笑

イヤホンのコードに手やカバンやら引っかけて、引っ張っちゃって、耳が千切れそうになったり、iPhoneがポケットから飛び出ちゃうとかね、冷や汗ものでしたよ。笑

Bluetoothイヤホンは便利

つながりやすいし、コード引っ掛けないし、Bluetoothイヤホンだけで、iPhone本体でなくても、曲の再生やボリューム調整ができるし、いま聴いてる曲を飛ばして、次の曲を聴くことも、いま聴いてる曲をもう一回初めから聴くことも可能です。
(でも、たとえば、、10秒の早送りとか先送りはできません)

あと、最近は、防水仕様なものも多いので、雨が降っても、ランニングして汗だくになっても、気にする必要はありません。

しかも、最近は、iPhoneの耳だけのイヤホンに対抗してなのか(笑)、左右があえて、コードでつながっていて、耳から外したときはそのまま首にかけられるタイプが多いです。
プラス、イヤホンがマグネチック(マグネティックでなく?笑)タイプになっていて、磁石でくっ付くんですよ!

これね、気が付いたら、首にかけてたはずのイヤホンがなくなってた!
って経験がある人は、必見ですよね。笑

TaoTronicsとSoundPEATS、どっちがいい?

よく似ていると比べられているのが、「TaoTronics」と「SoundPEATS」です。

TaoTronics(タオトロニクス)の「TT-BH07」とSoundPEATS(サウンドピーツ)の「Q12」は、よく比較されてるそうです。
自分もいろいろ調べてみたりもしたけど、結論としては、大差はなさそうです。笑
それと、実際のリトの曲と比べると、やっぱりちょっと遅いですよねー。
ま、再生速度を調整するようなアプリもあるんですけど、このバージョンのほうがリトモスの曲とは近いですかねー?

TaoTronics

soundPEATS

おまけに、iPhoneの純正イヤホンより安いしね。笑

ちなみに、いまは、「TaoTronics」のTT-BH07を使っています。いまのところ、快適に使えてますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする