「Cesium」の使える機能まとめ

アプリ

毎年ほとんど初夢なんて見た記憶がないんですが、今年は元旦の午後、珍しくうたた寝をしまして、そのときに見た夢が、ジムに置いておいたはずのウエアがなく、これからレッスンなのに、どーしよー、、という夢でした。
ジムに行くときは、忘れ物に注意!ってことですかね。笑


以前に、「Cesium」というミュージックアプリが、標準のミュージックアプリよりぜんぜん使えるということを書きました。有料のアプリなんですけどね。

標準ミュージックアプリよりぜんぜん使える「Cesium」
※ 最初に言っておきますが、標準ミュージックアプリからの乗り換えをおすすめする「Cesium」は、残念ながら有料のアプリになっ...

最近では、標準のミージックアプリを使ってないことを忘れてるくらい馴染んでいて、プラス、ひとつ新しいメリットも見つかったので、その機能をまとめておきたいと思います。

「Cesium」が標準ミュージックアプリより優れている機能

  • MAXで5段階のレーティング機能
  • 自分で入力した歌詞の閲覧
  • iTunes上のコメント情報の閲覧
  • 「ハヤエモン」とのリンク機能

MAXで5段階のレーティング機能

いつからか、標準のミュージックアプリには、ラブかラブじゃないしかなくなっちゃって、PCでiTunesに取り込んで、iPhoneと同期したものをiPhoneで聞いて、レーティングしたい、という使い方ができなくなってしまっていた。

それがこの「Cesium」だと、以前の標準ミュージックアプリのように、5段階のレートで管理することができます。

iPhoneでレート付けした分は、もちろん、PCのiTunesと自動で同期できます。

自分で入力した歌詞の閲覧

標準のミュージックアプリだと、同期するたびに入力したはずの歌詞が消えてしまい、「金払って、アップルミュージック使え!」という、まるでアップルの嫌がらせのメッセージのようでした。笑

これも本来なら、標準のミュージックアプリにあった機能ですけど、「Cesium」で無事、いままでの努力が無にならなくなりました。笑

iTunes上のコメント情報の閲覧

iTunes上のコメント欄、これはもともと、標準ミュージックアプリでは見れませんでしたよね?

でも、リトモスの曲管理では、コメント欄での並び替えをしていたし、何番の何曲目というのは、コメント欄でしか管理できなかったので(アルバム情報を使ってしまうと、アルバムごと、たとえば、#53といったような11曲ごとの管理ができないので)、これは「Cesium」に乗り換えてわかった、とても役に立つ機能でした。

「ハヤエモン」とのリンク機能

「ハヤエモン」というのは、何度か紹介してますが、ピッチを変更したり、一部をループさせたりする機能があります。

このアプリに曲をリンクするには、標準のミュージックアプリやDropbbox内のデータから曲を持ってくるんですが、「Cesium」に入れてある曲もふつうに、標準のミュージックアプリにある曲として、処理してくれます。

「Cesium」の現在の価格

240円です。自分が買ったときも240円でした。

これは、なかなか無料になったり、安くなったりはしないと思うので、購入するしかないと思います。

でも、標準のミュージックアプリのあのわずらわしさから開放されるとしたら、240円という価格に十分値するアプリなんじゃないのかな。笑

「Cesium」はこちらから。

「ハヤエモン」は無料

「ハヤエモン」はこちらです。

このアプリを使って、リトモスの曲の歌詞、覚えたりもしています。

覚えること自体は自分の記憶力の問題なので仕方ないですが(笑)、覚えるためのiPhoneなどの機器の操作は楽になり、そういう意味では時短が実現したんじゃないかな?

今回の#54の曲はどうでしょうね?
曲自体が口ずさんでみたいものかどうか、リトモスのコリオとの一体感はどうか、覚えやすい歌詞かどうか、、などなど、条件的なものがないわけではないんですけど、ま、最初はコリオを覚えるほうに集中して、慣れてきたらボチボチやっていきましょーかね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする