Google Search Consoleクロールエラーの対応(リライト)

この記事は、「Google Search Consoleのクロールエラー覚え書き」に「二度目のGoogle Search Consoleのクロールエラー」を追記し、タイトルを「Google Search Consoleクロールエラーの対応」に変更したものです。


Search Consoleで「エラー」と出ると、ドキッとします、素人なもんで。笑

ネットで解決法を検索して、そのときはうまく解決できたとしても、また同じエラーが出ると、「この前は、どうやって解決したっけ?」と忘れてしまうおバカな自分のために、簡単な覚え書きを作っておこうと思いました。

一生懸命思い出そうとして、思い出せないと情けないのでね。笑

スポンサーリンク

「wp-login.php」のクロールエラー

これは、「wp-login.php」というページにアクセス拒否されてんですけど、とGoogleが教えてくれてるエラーです。

っていうか、この「wp-login.php」って、ログインページだから、ここにはクロールしに来なくていいんですよね、最初から。

でもね、「エラー」あります!って言われたままにしておくのも、気分わるいんで、Googleの検索エンジンに、ここには来ないで、って指示します。

「robots.txt」の修正をする

Search Consoleの右側にあるメニューの「クロール」、「robots.txtテスター」を開いて確認します。
ただし、ここでは見れるだけで、修正はできません。

ここに、「Disallow: /wp-login.php」がないのを確認して、この「Disallow: /wp-login.php」を追加します。
(作業終了後、ここでちゃんと反映されているか確認できます)

エックスサーバーなどから編集

ネットで検索したら、「FFFTP」を開いて、とあったんですけど、ここがちょっと迷いました。

「WordPress」使っている人は、それぞれのサーバーをレンタルしていると思います。そのサーバーのことでした。

自分の場合は、「エックスサーバー」。ね、ふだん、ログインすらしないもんね。笑

「public_html」というフォルダー内の「robots.txt」

「public_html」というフォルダーを探して、その中に、「robots.txt」というテキストファイルがあるか確認します。

自分のサーバーにはありませんでした。ある場合は、それを編集し、ない場合は、作ります。
(WordPressは自動的に仮想の「robots.txt」を作ってるそうで、サーバー内には入ってないらしいです)

「robots.txt」の作り方

メモ帳で作れるとのことでした。笑

Search Consoleの右側にあるメニューの「クロール」、「robots.txtテスター」を開いて、いまあるものをコピーし、メモ帳に貼り付けます。

User-agent: *
Disallow: /wp-admin/
Allow: /wp-admin/admin-ajax.php
Sitemap: https://warmer-fuzzier.com/sitemap.xml

ここに、「Disallow: /wp-login.php」を追加します。

User-agent: *
Disallow: /wp-login.php
Disallow: /wp-admin/
Allow: /wp-admin/admin-ajax.php
Sitemap: https://warmer-fuzzier.com/sitemap.xml

テキストのファイル名は「robots.txt」で保存します。

「public_html」へ保存

「robots.txt」を保存したフォルダーから(もしくは、デスクトップ上)、「public_html」へドラッグとかできるのかな?と思ったけど、できないようでした。笑

エックスサーバー上の画面から、この「robots.txt」を選択し、アップロードするというやり方でした。

そして、「public_html」の中に、「robots.txt」が入ってることを確認します。

グーグルサーチコンソールの「robots.txtテスター」

グーグルサーチコンソールの「robots.txtテスター」をもう一度開いて、メモ帳で作成したように、「Disallow: /wp-login.php」が入っていればOK。

ただし、そのままでは、「robots.txtテスター」は更新されないようで、送信したんだか、ページ自体を更新したんだか・・。

ま、放っておいても何日かで更新されるみたいですが、気になる人は、更新できそうなところを探してみてください。

自分はこのサイトを参考にさせていただきました。

ではでは、前回の続きで、 Google Search Consoleのクロールエラーを対処していきます(・o・)ノ ちなみに、こちらのエラーです↓↓↓ 今回、アクセス拒否された内容のURLは、 wp-login

管理人さん、ありがとうございました。

2度目のGoogle Search Consoleのクロールエラー

Google Search Consoleのクロールエラーってのが出てて、見たら、ログインページの「wp-login.php」がグーグルのクロールにひっかかってるってものです。
(自分、こういうの本当にド素人なもんで、自分の理解できてる範囲で、簡単に説明しますね)

つまり、ログインページは、パスワードが必要なページなので、グーグルがクロールしてアクセスできちゃったら、そもそもダメなんです、ってことのようです。

で、それを解決するには、グーグルに、「このページは、クロールしに来なくていいですよ!」と伝えないといけない、とのこと。

クロールエラ―「その2」なわけ

じつは、自分、この問題に引っかかったの、2回めでした。笑
今年の4月ですね。ちゃんと書いてありました。
(この記事の上の部分です)

けど、また引っかかったってことは、けっきょく、ちゃんと解決できてなかったってことなんでしょうね・・。

というか、ここ最近、何度か調べ直して、やっとどうにか対応する時間も取れて、「あれ?これってさ…」と前にやらなかったっけ?と思い出し、自分のブログ内を検索したら、ヒットした、というわけです。笑

「Fetch as Google」での確認まで

たぶん、前回は、ここまでやらなかったのかも。

ということで、今回参考にしたサイトのリンクを紹介します。
(管理人さん、ありがとうございます)

どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。 ブログやサイトの投稿記事をGoo

たぶん、こんどは大丈夫だと思う。笑

どこかのサイトに、クロールエラ―の「wp-login.php」は修正済にしてしまってもよい、とも書かれてたと思うんですが、ちゃんと修正できていれば、いずれ、エラー表示が消えると思うので、今回はせっかちにならず、もうしばらく、修正済にしないで待ってみようと思います。

ホント、無知だと、いろいろやりおる。笑

ま、問題が出てきたら、都度、ひとつひとつ調べながら、対応していこうと思います。

Google Search Consoleのクロールエラーのその後

2019年7月の現時点において、新たなクロールエラ―は発生しておりません。
ということは、上記手順にて、きちんと対応・修正できたんだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする