ジャネが発案したジャネーの法則(19歳で人生の半分編)


ハロウィンが終わると、日本ではサンクスギビングを飛ばして、クリスマスカラーになります。ちょっと早すぎじゃね?と思いますけど。
(「ジャネ」にかけてます。笑)

ということで、2017年の今年もあと2ヶ月を切りました。
たぶん、、あっという間に、12月になって、あっという間に、今年、終わっちゃいますよ。笑

一年早かったなー、短かったなーという人、そして、なんか、年々、段々と一年が早く、短くなってない??と感じてる人、正解です。笑

なぜ、時間の経過が早く、まるで加速しているかのように感じられるのか?ということを理論的に説明してくれてる「法則」があるのは知ってました? ちゃんした法則名があるようです。

「ジャネー(ジャネ)の法則」

リンク先の図解、、19歳で人生の半分だって? ちょっとヤな感じ。笑

つまり、、例えば、まだ5歳児にとっては、一年はそれまでの人生の5分の1ということになります。
・・・要するに、そういうことです。

え?ちゃんと書かないとダメ?(リンク先、飛ばない人もいるからね、めんどくさがって。ま、自分も人のこと言えんので、よしとしとこう。笑)

つまり、、10歳だとしたら、一年はそれまでの人生の10分の1、20歳だとしたら、一年はそれまでの人生の20分の1、おなじように、30歳だとしたら、40歳であれば、一年はそれまでの人生の長さの「○分の1」となるということです。
なので、50歳だとしたら、1年はなんと、それまでの人生の50分の1になってしまっているいうことです。
5歳児の5分の1と50歳の50分の1、これだけでも10倍の差があります。
そりゃ、早く感じるわけだ。笑

というわけで、年々、年を重ねるごとに、体感として、どんどん、一年が早く、短く、加速しているように感じられるということです。

ま、これがそれがふつーの感覚ですから、周りの人からも、「なんか、一年、あっという間だよね~」って声をかけられたら、、

「そうじゃね~」と答えておきましょう。
(「ジャネ」にかけてます。笑)


どういう計算式で、19歳で人生の半分になるんだろう?と疑問に思い、、再検索したので、結果は後日に。
ただ、人生の半分が19歳より長くなるのではなく、どうやら、もっともっと短くなりそうです。笑

人生の半分は、19歳、もしくは、○歳、、と完全に二つの説明が出てきてしまったので、別記事で立ち上げて、おたがいにリンクを貼ることにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする