誰かがどうにかしなきゃいけない北朝鮮

トランプさんが大統領に決まったとき、「えーっ?」って思ったし、思った人も多かったと思うけど、もう本当にどうにかしなきゃいけない時期に来てるよね、北朝鮮。

誰かがどうにかしなきゃならないとしたら、トランプさんしかいないんじゃないかな?
オバマさんの「核なき世界」の演説には期待させられたけど、結果として、何も変わらないまま、北朝鮮はその間にさらに技術を向上させ、その「核爆弾」を盾に世界中を威嚇し続けている今現在。
ま、オバマさんは顔からいっても、そんな大それたクレージーなこと、できそうになかったよね・・・(じゃあ、トランプさんはどうなんだっていう。笑)

「弾道ミサイル」落下時についてのCM

日本だって最近は、ミサイル飛来の危機に備えるように、というCMがテレビで流れるんだよ?
自分、あのCM、最初に見たときは、何かの冗談かと思ったけど、いろんなニュースソースを見ているうちに、「あー本当にそういう状況にあるんだろうな」と少しは理解した(つもり…)。

「不安を煽る」とか言ってる人! どんだけ平和ボケしてんだか。
って、自分も最初は、その平和ボケの一人でしたけど。…笑

ま、政府の思惑とかいろいろ勘繰るのはいいけど、実際問題として、とても近い隣国がしょっしゅうミサイルぶっ放してるわけだから、ふつうに危機感を感じたほうがいいと思う。

戦争を放棄して、「国」という概念も希薄になったか…

たとえば、これが、日本という国と海を隔てただけでとても近い隣国、北朝鮮という関係ではなく、あなたのおうちの隣人が常軌を逸してクレージーだった場合、町内会から注意喚起を促すお知らせが来たとして、「不安を煽るな!」ってクレームするかな?

戸締りをちゃんとするとか、セコムやアルソック導入するとか、子供に言い聞かせるとか、警察にだって相談するかもしれないし、いざというとき、万が一のときはどうするかって、ちゃんと真剣に考えるよね?

その危険因子が、隣近所の個人宅でなく、国としてはお隣といっていい「国」というだけの違いで、だけど、さすが、「国」対「国」だから、仕掛けてくる攻撃も当然デカいよね、って話なんじゃないのかな?

本当にどれだけの威力のあるミサイルを持ってるんだか、それが実際に、どれだけの範囲に渡って被害を与えるものかはわからないけど、ミサイルが落ちてくるのが自分の頭上でなかったにしても。

フリーズによる仕切り直しm(__)m

と、途中まで書いていたところで、パソコンがフリーズしました。
いくら待っても戻りそうにないので、強制終了から立ち上げたところ、Chromeの履歴から、そのとき開いていたタブを開けたら、ほぼほぼ、保存されてました。

でも、どこまで保存されているかわからなかったので、ただ、画面動かないから、スクリーンキャプチャも撮れないし、、とりあえず、画面に残ってる分だけ、スマホで写真を撮り、立ち上げ直し。

幸い、ダメージは最小で済みましたけど、いままた怖くなったので、「WordPress」の投稿画面の右上の「公開」の真下の「下書き保存」で保存しました。

ということでこの続きは、また明日トライしますm(__)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする