Meghan Trainorのアルバム

新しい試み、アルバム情報のページの独立化、第10弾です。

とうとう「第10弾」まできちゃいました。今後のナンバリングはどうしよーかな。

今年も入ってしまいましたが、去年中にアップのつもりがこんなんなってしまいました。

Meghan Trainorのアルバム(試聴できます!)

メーガン・トレイナーのアルバムから1枚、紹介しておきます。

Thank You

Ritmos#49-3、ヒップホップの「No」が収録されています。

ジャケットのイメージもなんか、最初のころの「メーガン・トレイナー」とちがうなー。
まー、こっちのほうがいい!って人もいるんだろうけど。

アルバム「Thank You」以外の曲

Ritmos#43-8のジャズ「All About That Bass」と#45-4のジャズ「Dear Future Husband」とこのアルバムに収録されている「No」では、だいぶイメージがちがいますよね?
で、#49-7のジャズ「Title」は、前のイメージに戻った感じですが、そもそも曲の時系列もわからないのでなんとも言えません。

「All About That Bass」

All About That Bass
メーガン・トレイナー
2014/06/30 ¥200

「Dear Future Husband」

Dear Future Husband
メーガン・トレイナー
2014/09/09 ¥200

「Title」

Title
メーガン・トレイナー
2014/09/09 ¥200

「I’m A Lady」

「I'm A Lady」のサビを歌おう♪
Ritmos#53の4曲目は、セクシーダンスの「I'm A Lady」です。 メーガン・トレイナーの曲が初めてリトモスに登場したのは、...

「Better When I’m Dancin’」

「Better When I'm Dancin'」のサビを歌おう♪
Ritmos#54の1曲目、ウォームアップの曲は、ダンスの「Better When I'm Dancin'」です。 ま、いろんな和訳が...

これはまた昔のほうな感じですかね?

ま、簡単に言うとしたら、(言うとしたらですよ!)、かわいかっただけのぽっちゃりさんに自信」がついちゃった感じかな?笑

だってねー、最初の「All About That Bass」では、私は「treble(トレブル)」じゃなくて、「bass(ベース)」なだけ、って言っていたのが、今回の「I’m A Lady」では、「私はレディなの」って言い切っちゃってるし。笑
(「bass」の「低音」に対して、「treble」の「高音」。

ほら、オペラ歌手とか太ってると低音もものすごくよく響くじゃん?
太ってるから、きゃぴきゃぴしてはないけど、どっしり落ち着いてるの、みたいな感じかな?)

個人的に、曲調はぜんぜんキライじゃないけど、昔の曲のほうが、「メーガン・トレイナー」っぽかった気がする。でも、コリオ的には、最近のほうが好きかなー。笑

今回のMeghan Trainorの曲もやっぱり多いですよね~

そして、このアルバム情報の独立化を行うと、元のリトモスの曲の紹介ページには、このページのリンクが貼られることになります。なので、そちらのページものちほど修正になります。