「I’m A Lady」のサビを歌おう♪

Ritmos#53の4曲目は、セクシーダンスの「I’m A Lady」です。

メーガン・トレイナーの曲が初めてリトモスに登場したのは、#43。
えーと、いま#53だから、約2年半前? やせたよねー、最初のころから比べると。

この曲も、ぽっちゃりで歌うからいいんであって、スリムな人が歌ったら、ちょっとイヤミっぽく聞こえるかも?笑

ということで、#43の2年半前から、リトモスではすでに4曲使っていて、今回が5曲目です。

Meghan Trainor – I’m A Lady

アーティスト名と曲名の読みは:
「メーガン・トレイナー」の「アイム・ア・レディ」になります。

「I’m A Lady」のYouTube

コリオの最初のあの手は、やっぱり、パクリだった。笑

それにしても、やっぱりイメージちがうわー。比べてみて!

「I’m A Lady」の試聴リンク

アルバムの下にある「▶」のマークを押すと、30秒(29秒ですね…)だけ、試聴でき
ます。
I’m a Lady (from SMURFS: THE LOST VILLAGE)
メーガン・トレイナー
2017/02/24 ¥250

iTunes Storeで曲をそろえている人は、この試聴リンクから曲を購入できます。

「I’m A Lady」のサビの部分

サビの部分としてますけど、最近、サビだか、ブリッジだかよくわかんなくなってきてるんで、とりあえず、リピート多そうなところを拾っておきます。
(だからといって、両方やるのは時間的にも大変なので。笑)

And I don’t look like them (But I ain’t worried about it)
I don’t talk like them (But I ain’t worried about it)
I know I’m a gem
I ain’t worried about it, I ain’t worried about it
‘Cause I’m a lady

アーィ・ルッライ・ゼム
アーィ・トーライ・ゼム
アノ・アマ・ジェム
アィ・ワーバリ、アィ・ワーバリ
コザマ・レィデイ

否定の「don’t」や「ain’t」、ほとんど単独では聞き取れませんが、カナの部分の「ーィ」「ィ」の部分に含まれていると思ってください。

彼女たちみたく、「見える」「話す」でなく、「見えない」「話さない」、「気にしてる」でなく、「気にしてない」とぜんぶ否定になってます。ま、ネイティブじゃないと、判別はむずかしいかも。

Meghan Trainorのアルバム

Meghan Trainor – Thank You (デラックスバージョン)

Meghan Trainor – Thank You (ジャパンバージョン)

ちなみに自分が持ってるのは、デラックスバージョンです。ジャケットのイメージもなんか、最初のころの「メーガン・トレイナー」とちがうなー。
まー、こっちのほうがいい!って人もいるんだろうけど。

アルバムには、Ritmos#49-3、ヒップホップの「No」も収録されています。

正直、最初の#43-8、ジャズの「All About That Bass」と曲のイメージとかぜんぜんちがうよね?
#45-4のおなじくジャズの「Dear Future Husband」まではおなじイメージだったんだけど、#49-3、ヒップホップの「No」では、だいぶイメージ変わっていて、おなじ#49の7曲
目の「Title」は前のイメージっぽいけど、正確な時系列調べてないし。

ま、簡単に言うとしたら、(言うとしたらですよ!)、かわいかっただけのぽっちゃりさんに
「自信」がついちゃった感じかな?笑

だってねー、最初の「All About That Bass」では、私は「treble(トレブル)」じゃなくて、「bass(ベース)」なだけ、って言っていたのが、今回の「I’m A Lady」では、「私はレディなの」って言い切っちゃってるし。笑
(「bass」の「低音」に対して、「treble」の「高音」。ほら、オペラ歌手とか太ってると低音もものすごくよく響くじゃん? 太ってるから、きゃぴきゃぴしてはないけど、どっしり落ち着いてるの、みたいな感じかな?)

個人的に、曲調はぜんぜんキライじゃないけど、昔の曲のほうが、「メーガン・トレイナー」っぽかった気がする。でも、コリオ的には、今回のほうが好きかなー。笑

・・・ということで、、
今回、CD自体が60分超えてるとのことで、7曲目のペアワークがカットされるレッスンも多いので、7曲目を除くと、あと、5曲目のレゲトンだけやってないってこと?

まー、もともと全曲やる気はなかったんだけど、、どーしよー(笑)