「ケナログ」の代替品

口内炎にとても即効性のある「ケナログ」。

消費増税前に、予備のケナログがないことに気づき、慌ててネットで検索しました。

そしたら、アマゾンでも楽天市場でも「ケナログ」で商品検索しても、ケナログが出てこないんですよ。

なくなっちゃったのかな?

スポンサーリンク

「ケナログA」終売

そうだったんだー、ケナログ、販売中止になってたのかー。

え?じゃあ、口内炎には何を使えばいいの?

代替品は「オルテクサー」

安心してください。

医薬品系は、販売中止や販売終了になっても、代替品がだいたいあると思います(ダジャレじゃないよ笑)

「オルテクサー」は、口内炎の薬「ケナログA」のジェネリック市販薬とのことです。

急がないなら、アマゾンよりも楽天市場の「ケンコーコム」などで他の日用雑貨などと一緒に送料が無料になるように買い物すると、お安くなると思います。

オルテクサーの使い方

ケナログと同じです。

夜寝る前に患部に塗って、朝起きると、かなり改善してるのが実感できるくらい即効性があると思います。

まずは、歯を磨いて、口の中をよくすすぐ。
そして、口の中の水分(唾液)をティッシュなどを押し当てて拭きとる(水気が残っているとそれだけ薬が落ちやすくなってしまいます)

ティッシュを患部に当てた状態で、綿棒の先にケナログやオルテクサーを乗せる。

何度もやると唾液が出てきてしまうので、できれば1回で患部に塗りたいので、小指の先ほどくらいの少し多めのほうがいいかも。

口の中のティッシュを取り出して、すばやく、綿棒の薬を患部に乗せる。

上手く塗れたか気にはなるけど、口の中を開けてみたりすると、薬が流れやすくなってしまうので、口を閉じたまま、とにかくすぐに寝る。笑

朝起きると、「あれ?」ってくらい、口内炎の症状が軽くなっていると思います。
(個人差や症状により効き目も違ってくるとは思いますが)

ケナログやオルテクサーの即効性

だからといって、ケナログやオルテクサーは、口内炎を即効で治してくれる薬ではないそうで、単に痛みを感じにくくしてくれる薬とのことです。

そもそも口内炎ができるのは、食べすぎ・飲みすぎ、疲労やストレスなどなど、いろんな理由があると思うので、口内炎ができたら、食生活や日常生活を振り返ってみるいい機会だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする