飲めるオリーブオイル

健康にいい、体にいい、そう言われてもなかなか、オリーブオイルという「油」を飲もう!という気にはなかなかなれませんよね。笑

うちでは、よくスーパーで売ってる定番のボスコのエクストラバージンオリーブオイルをドレッシングなどの調味料として使ってたんですが、オリーブオイルが「よいよい!」と聞いて(笑)、試しに、スプーン3分の1ほどのオリーブオイルをそのまま、なめてみました。

はい、、ふつうに、オイリーなオイルでした。笑

スポンサーリンク

オリーブオイルの効能

と書きつつ、、基本的に効果効能の中に「整腸作用」とあれば、たいていのものは何であれ、まずはトライしてみるタイプの人間です。笑
(なので、詳しい効能を知りたい人は、自分で調べてみてください)

プラス、飲んだり食べたりする以上、いくら健康効果があると言っても、美味しくないものを、ムリに摂取するのはイヤなんです。笑

だから、健康効果や効能から入ってしまうと、好きじゃなくてもなんか、ムリしてでも摂取しなきゃな的な気分になるじゃん?笑

というわけで、効果効能を確認したら、あとは、実践的に、どれくらいの量を、どれくらいの頻度で摂取するのか、いつ摂取すると効率的なのか、その他、注意すべき点はあるかどうか、副作用や過剰摂取の問題はどうか、、とかそういうことだけざっと調べておくようにしています。

実践的な摂取方法

今回も、整腸作用や抗酸化作用に興味もあって、どうしたら、オリーブオイルを飲めるようになるんだろう?と調べてみました。

毎日続けているうちに、不味いオリーブオイルでも慣れてくるんだろうか、とか、そのままでなくても、何かに入れてしまって、それごと食べるのでもいいのではないか、、とかとか。

たとえば、ヨーグルトにキウイと一緒にオリーブオイルを入れるとおいしいとか。
たしかに、すごい不味くはなかったけど、やっぱりオリーブオイルはただのオリーブオイルでした。笑

ということで、うちにあった手持の一般的な安価なオリーブオイル(ボスコとか)は、料理の調味料として使うことにし、ちょっとお高めの、ちゃんと飲む用のオリーブオイルを試してみることにしました。

オーガニックなオリーブオイル

アマゾンで検索してみました。
すごいいっぱいあって、ありすぎて、心がくじけそうになるほどでした。笑

そんな中で、レビューの件数と評価、あとぶっちゃけ、価格から(笑)、1本のオリーブオイルを選んでみました。

ポイントのひとつは、「オーガニック」であることと。
あとは、そのままで食べやすい&飲みやすいのであれば、よしとしよう。

といってもふつうにおいしいです。
というか、安価な市販のオリーブオイルにあった、クセといっていいのか、変な後味みたいなのがまったくありませんでした。
(調味料って、案外、味が多様ですよ)

もしかしたら、お高い系のオリーブオイルが好きな人には、このヴィラブランカのオリーブオイルは、クセがなさすぎて、物足りないかもしれないけど、オリーブオイル初心者さんが、とりあえず、オリーブオイルを飲んでみたい、というのには、ちょうどいい味と手頃な価格だと思います。

しかも、アマゾンのパンテリーで毎月3点以上購入すれば、なんと、15%オフになります。

この価格だったら、万が一、味やなんかがイマイチだとしても、ちょっとお高めの調味料として使うのにも気が引けない。笑

近いうちに、べつのオリーブオイルも試してみるつもりなので、まだレビューして、この記事に追記していきたいと思います。