「Stronger」のサビを歌おう♪


Ritmos#19のクールダウンは、ブリトニー・スピアーズの名曲「Stronger」です。

ジャンルは、「ポップ」とよくわからないジャンルで、そんなにないんじゃなの?と思ったら、#51のクールダウンも「ポップ」でした。

似たような、というより、ほぼちがいのわからないジャンルで「ポップダンス」というのもあるので、チェックしてみたら、#32-3の「I Wanna Go」ときたんで、てっきり、ブリトニー・スピアーズの曲だけ「ポップ」系?と思ったら、もう1曲ポップダンスがあって、そちらは、ジェニファー・ロペスでした (#33-03)。

ま、ジェニファー・ロペスもだけど、ブリトニー・スピアーズの曲、すんごい多いからね。笑

そんなブリトニー・スピアーズの曲の中でも、このクールダウンの「Stronger」は、定番中の定番ですが、曲がいいので、自分の中でも、いまだ、大好きな曲ランキングの上位の座をキープしています。笑

Britney Spears – Stronger

アーティスト名と曲名の読みは:
「ブリトニー・スピアーズ」の「ストロンガー」になります。

「strong」の比較級、「stronger」です。「より強く」という意味になります。

「Stronger」のYouTube

イントロもそうだけど、曲自体がカッコいいよね~

「Stronger」の試聴リンク

アルバムの下にある「▶」のマークを押すと、30秒(29秒ですね…)だけ、試聴できます。

Stronger
ブリトニー・スピアーズ
2000/05/16 ¥200

「Stronger」のサビ(カタカナでの発音・読み方)

Stronger than yesterday
Now it’s nothing but my way
My loneliness ain’t killing me no more
I, I’m stronger

ストロンガー・ザン・イエスタディ
ナー・イッ・ナッシン・バッラ・マイウェイ
マィ・ロンリネス・エイン・キリンミー・ノーモー
アイ、アイ・ストロンガー

「Stronger」の歌詞の意味

単純に、、「昨日よりも強くなった」という歌です。

歌詞全体を見ると、「Hush Hush」みたく、彼氏に束縛されてて、そこからの自立というテーマですかね。けっこう、これ系の歌詞、多いんですよね。

Britney Spearsのアルバム

アルバム情報は、以下にまとめていますので、こちらからご確認ください。

Britney Spearsのアルバム
新しい試み、アルバム情報のページの独立化、第6弾です。 紹介したいアルバム、たくさんあるのに、自分の遅筆のせいでぜんぜんキャッチアップ...

2017年8月20日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2017年9月18日に再度公開しました。