「Telephone」のサビを歌おう♪

Ritmos#28の6曲目は、セクシーダンスの「Telephone」です。

って、どこが、セクシーなの?っていうセクシーダンスのうちの1曲です。笑

ま、正直、コリオはいまいちだけど、曲は好きです。

スポンサーリンク

Lady Gaga – Telephone

アーティスト名と曲名の読みは:
「レディ・ガガ」の「テレフォン」になります。

「Telephone」の意味

そのままですよね、「テレフォン」。

カタカナやめて、純日本語にすると、「電話」。
「電話」ってタイトルの曲ってありですかね?笑

和訳もやってなかったので、簡単に書くと、、
「もう電話してこないでー、もう考えたくないのー、頭も心もダンスフロアに置いてきちゃったからー」
「もう電話してこないでー、もう話したくないのー、頭も心もダンスフロアに置いてきちゃったからー」

「心ここにあらず」ってことですかね?

「Telephone」のYouTube

まずは、オリジナルから紹介します。隣にいるのは、ビヨンセです。
かなり、長いですけど、ストーリー仕立てになっています。
まだ見たことないのであれば、ぜひ♪ 一見の価値はあると思います。

あの後半の手首パタパタするところは、ちょこっと、、というより、ほんの一瞬だけ出てきます。笑

ま、リトモスのコリオ、MV(PV)をちょいちょいパクってますからね。
でも、だったら、もうちょいコリオ、どうにかしてほしかったかな。笑

こちらが、PVじゃなく、歌詞付きで、曲の長さも短いほうです。
レディ・ガガの曲はけっこう使ってますけど、けっこう、当たり外れが多い気がするんですよね~

当たりダントツは、ポーカーフェース。
ハズレダントツは、、やめとこか。笑

「Telephone」の試聴リンク

下のほうのバーの再生マークの「▶」を押すと、約30秒試聴できます。

Telephone (feat. Beyoncé)
レディー・ガガ
2009/11/18 ¥250

iTunes Storeで曲をそろえてる方は、曲名のリンクから購入することが可能です。

「Telephone」のサビ(カタカナでの発音・読み方)

Stop callin’, stop callin
I don’t wanna think anymore!
I left my head and my heart on the dance floor.
Stop callin’, stop callin’,
I don’t wanna talk anymore!
I left my head and my heart on the dance floor.

ストッコーリン、ストッコーリン
アド・ウォナ・スィン・エニモー
ア・レフマヘー・エンマ・ホーオン・ダンスフロ
ストッコーリン、ストッコーリン
アド・ウォナ・トー・エニモー
ア・レマフヘー・エンマ・ホーオン・ダンスフロ

The second single from The Fame Monster, ‘Telephone’ was originally written by Gaga for Britney Spears‘ Circus album, but Spears rejected it. Later, Gaga record...
歌詞全文はこちらになります。参考にしてみてください。

「stop ~ing」と「stop to ~」の違い

はい、中学英語の復習の時間です。笑

簡単に言うと、「stop ~ing」は、「~ing」するのを止める、ということで、「stop to ~」は、「~」するために立ち止まる、という意味です。

「stop calling」だと、電話するのを止める、ということで、「stop to call」(あんま使わないかな?)だと、電話するために立ち止まる、という意味になってしまいます。笑

ちなみに、「Telephone」の歌詞の中では「Stop calling」と命令文なので、「もう電話してこないで~!」という意味です。

Lady Gagaのアルバム

アルバム情報は、以下にまとめていますので、こちらからご確認ください。
Lady Gagaのアルバム
新しい試み、アルバム情報のページの独立化、第5弾です。 Lady Gagaのアルバム(試聴できます!) レディ・ガガのアルバムから5枚、...

歌詞の和訳や意味に関しては、管理人の個人的解釈を含んでいますので、お時間の許すかぎり、いろいろなキーワードで検索をかけ、いろいろなサイトの情報も参考にしてください。