標準ミュージックアプリよりぜんぜん使える「Cesium」

アプリ


最初に言っておきますが、標準ミュージックアプリからの乗り換えをおすすめする「Cesium」は、残念ながら有料のアプリになってます。

最近、値上げしてしまったのか自分が購入したときはすでに240円でした。
なので、有料のアプリは絶対買わない!&使わない!という人はここまでお願いします。

ま、何を隠そう自分も有料アプリは滅多に買わない派なんですが、買って本当によかった有料アプリは、いまのところ、この「Cesium」と「Puffin」ですかね。

「Cesium」に関しての最新記事のリンクを貼っておきます。

「Cesium」の使える機能まとめ
毎年ほとんど初夢なんて見た記憶がないんですが、今年は元旦の午後、珍しくうたた寝をしまして、そのときに見た夢が、ジムに置いておいたはずのウエア...

標準ミュージックアプリになくなった機能

iPhone6を使ってます。
音楽は、PCのiTunesで曲を管理して、iPhoneの標準ミュージックアプリで曲を聴いてました。

聴くのは、リトモスの曲か(笑)、お気に入りの曲ばかり集めたプレイリストの曲です。

そのお気に入りのプレイリストを作るために、標準ミュージックアプリの「レート」機能を使っていたんですが、いつだったか、iOSのアップデートで標準のミュージックアプリから、★1つ~5つまでのマークをつけられる「レート」機能がなくなってしまったんです。

その代わりがどうやら、ハートマークの「ラブ」。笑
でも、いままでの★5段階と★なし合わせて、最大6つまでの区分ができたのに、「ラブ」か「ラブじゃない」で、マークなしを含めても3つまで、つまり、それまでの半分の区分け能力しかなくなってしまいました。

このレート機能の削除はネット上でもかなり否定的な意見が多かったので、近いバージョンアップで復活するかな?と期待してたんですが、けっきょく戻らず仕舞いのようです。

だから、アルバムを入れて、聴いても曲のレーティングができないんです。
その結果、整理されないままのアルバムが増えて、プレイリストだらけになってしまいました。

これが、iOSの標準ミュージックアプリに対する最初の不満でした。

標準ミュージックアプリの不具合

その後、いつくらいからだったかな?
標準のミュージックアプリがふつうに曲を再生するでさえ、トラブるようになって、自分の場合、たしか同じころに、iTunesで曲の歌詞を入れても、iPhoneの標準ミュージックアプリに反映されないというトラブルも出てきたんです。

標準ミュージックアプリで曲の再生ができない

曲を再生しようとしても、勝手に曲を早送りしてしまい、曲を再生することができない、というものでした。

対策:iPhoneを再起動
いちおう、これででほぼ100%、直ってました。直りはしますけど、毎朝、通勤中に音楽を聴こうと思って、再起動からやらないかんのは、めんどくさいです、勘弁してください。

iTunesとiPhoneを同期させると曲の歌詞が消える

対策:標準ミュージックアプリ内の曲の総入れ替え
これは、正直、かなりめんどくさかったです。
これが、標準ミュージックアプリの使用を諦め、有料アプリに替えたいちばんの理由です。

つまり、この症状が出てしまったら、PCのiTunesで、iPhoneのミュージックの中身をいったんすべて空になるよう同期させて、もういちど、全部の曲を入れた状態で同期しなおさないとならないんです。(もしかしたら、ほかの方法もあるのかもしれないけど、自分が同じ症状をネットで検索して見つけられたのは、このやり方だけでした)

ミュージック内の曲をゼロにする同期はそれほど時間かからなかったと思いますが、曲を入れなおすのはすごく時間がかかります。
その時間は、入れる曲数に比例します(PCの性能もあるかもしれませんけどね)。

標準ミュージックアプリの不具合の原因は?

なんなんでしょうね?
Apple Musicができてから、Apple Musicユーザー以外には、標準のミュージックアプリを使わせなくないのかもしれませんね。笑

標準ミュージックアプリの代替アプリ「Cesium」

有料なんですよね、このアプリ。
でも、週に何度も朝から再起動しなきゃいけなかったり、歌詞が消えたら、iPhoneの曲をぜんぶ消して、総入れ替えしなければならなかったり、この時間のほうがもったいない!って思ったんです。

「Cesium」はこちらからダウンロードできます。

アプリを立ち上げて、最初の感想は、ちょい前の標準ミュージックアプリとおなじ使い心地で感動しました。そうそう、これがほしかったの!笑
もちろん、歌詞もちゃんと表示してくれるし、曲も勝手に早送りしたりしないし。

そして、もうひとつ感動したのは、iTunes上で管理しているコメント情報も「i」マークで
表示してくれること。

自分は、レート機能と歌詞の表示機能、両方使いたかったので、ほんの数ヶ月前ですが、標準のミュージックアプリを諦めて、有料アプリの「Cesium」にしました。

毎朝、ふつうに曲の再生ができること、レート機能で曲をレーティングできること、自分で探した歌詞をちゃんと表示できること、ミュージックアプリとして当たり前のことが当たり前のようにできる「Cesium」にしてよかったと思ってます。

ま、ホントはね、こういった機能、もともとあったものなんだから、標準アプリでできて当たり前なんだけど、できないんだから仕方ないですよね。

このままストレスを感じながら、無料の標準アプリにしがみつくか、それとも、たとえ有料でも思い切って、アプリを差し替えるか…

自分の結論としては、240円で片がつくのであれば、けっして高いアプリではないと思います。(240円が高いか安いかではなく、アプリの価格としての240円で)

おかげで、標準アプリでは見れなかった「コメント情報」も見れるようになって、より使いやすくなりました。


最新記事のリンクを追加しました。