「今」と「プレゼント」の両方の意味を持つ「Present」とは

英語の「present」という単語には、時の「今」と、贈り物の「プレゼント」という意味があります。

一見、共通項のないように見える「今」と「プレゼント」がどうして、おなじ「present」という英単語で表されるのでしょうか?

アルクの英辞郎での「present」

「Present」という単語には、時の「今」と贈り物の「プレゼント」という両方の意味があります。

present 【1名】 今、現在・(There is) no time like the present. : 現在に勝... - アルクがお届けする進化するオンライン英和・和英辞書データベース。一般的な単語や連語から、イディオム、専門用語、スラングまで幅広く収録。

過去と未来、そして、「今」

「過去」というものは、すでに過ぎ去ってしまったものなので変えることはできません。
おなじように、「未来」というものも、これからのことなので何が起こるかわからないし、コントロールすることはできません。

つまり、あなたには、「今」のこの瞬間しかない―

という理由で、「今」この時だけが、あなたがあなたの意志で創り出すことができる唯一の「時」なのです。

だから、時の「今」のことを、「贈り物」とおなじ「プレゼント」と呼ぶのだそうです。

もうひとつ、「pre-sent」という観点で

追加として、「Present」という言葉をバラすと、「Pre-sent」になります。
「pre」という語源は、「あらかじめ・前もって」ということを意味していて、「sent」は、「送る(send)」の過去・過去分詞形で、「送られた」という意味になります。

ということで、「今(present)」というのは、「前もって贈られていた」もの、つまりは、過去からの贈り物、という意味になるそうです。

そこから、「今」のあなたは、過去のあなたからの「贈り物」なんだ、と。

そうだよね、、何事も「一朝一夕」でできるようになるわけじゃないし、少しずつ、地道に努力を続けていくと、いつかきれいな花が咲く、というような感じかな?

では、そういうことで、地道にがんばっていきましょー、おたがいに・・・

ちなみに、、
「一朝一夕」、「いっちょういっせき」でした。
えっ?みんな読めた??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする