iTunesでiPhoneのバックアップが取れないとき

知り合いから、スマホが故障して、データが復旧できないと聞くたびに、自分もちゃんとマメにバックアップ取っておかな、、と思います。

今回もそんなことがあって、iTunesで「iCloud」のバックアップは取れてるけど、フルフルバックアップを取ろうとしたら、「データ容量が足りません!」と出て、それを無事解決したという話です。

そもそも、iTunes上でアップデートしなかった

うちのパソコンはたしかに、容量は少なめです。なぜなら、HDDじゃなく、SDDだから。なので、iTunesの大量な音楽データもPC内でなく、外付けハードディスクを使っています。

それでも、PCに50~60GBの空き容量があって、それでも、容量不足でバックアップが取れないとしたら、そもそもちがう問題があるんじゃない?と。

でも、本当に容量が足りないんだとしたら、、と外付けHDDなどにバックアップの保存先を別の場所に指定できないか、というのもトライしたけど、なかなかめんどうなようで、あとは、外部にバックアップするサービスもあったけど、そこまでしなきゃなんないの?みたいな。

で、こんなとき、最初に試すべきは、iTunesのアップデート。

iTunes開いたときに、アップデートのお知らせ出ていても、めんどくさいと先送りにしてることありますよね?笑

通常、iTunesのアップデートのお知らせが来ると、iTunes上に出るポップアップからアップデートできるじゃん?
それが、アップデートをクリックすると、アップルのサイトに飛んじゃってたんだよね。汗

iTunesのアップデートができなかった

ということで、アップルのサイトから、iTunesのアップデートをいざ実行しても、途中でアップデートが失敗してしまう。何度やっても、もしかして?と、日にちを改めてやってみても。

そして、ネットで検索したら、iTunes系の「Apple software update」というソフトが壊れてる可能性があるので、それをいったん削除して、インストールしなおして、と。

同じエラーが出ても、iTunesの「アンインストール→インストールし直し」はする必要ないですよ!(…きっとほと…

あー、だから、iTunes上でアップデートしなくて、アップルのサイトに飛んじゃってたわけね。

けど、それをアンインストール、再インストールしても問題は解決せず、iTunes自体がバックアップできないまま。

iTunes関連ソフトの完全削除で解決!

そもそも、iTunesで、iPhoneのバックアップが取れないことからはじまった今回の探索。

で、iTunesもアップデートできない、「Apple software update」も修復できない、、本当に、うちのパソコンのSDDに、iPhoneのバックアップするだけの容量がないのかもいまや不明・・。
もう何がなんだかわからなくなってきた。笑

でも、iPhoneのバックアップが取れないのも困るし、iTunesの更新ができないのも困ったもんなわけで、いろいろ検索を続けた結果行き着いたのが、iTunes関連ソフトの完全削除と再インストール。

ただし、気をつけなければならないのは、iTunes関連ソフトを削除するには、削除する「順番」があって、順番どおりに削除しないとダメなんだって。(アップルさん、めんどくさいでよ。笑)

iTunesの不具合などで、iTunesを再インストールする必要があることがある。単純にiTunesをインストールしても不具合が直らないことがあるが、これはiTunesとiTunesの関連するソフトウェアが完全に削除されていない場合に発生することが多い。 iTunesをインストールした時に一緒にインストールされている複...

はい、この順番どおり、アンインストールして、再インストールしたら、問題解決しました。ぜんぶです。

つまり、これだけで、iPhoneの完全バックアップも取れました。
うちのノートパソコンの容量が足りなかったわけじゃないです。

「バックアップの容量が足りません」
「iTunesのアップデートができません」

といったようなメッセージが出てきたら、そこの小さなポイントだけにこだわって、解決しようとせず、iTunes自体をアンインストール、再インストールしたほうがいいということでしょうね。(アップルさん、マジでめんどくさいでよ。笑)