「ミルクde水素」飲んでみた!

自分、基本的に、水素水信者です。

当然、水素水もふだんの水代わりに飲んだり、料理などにも使っています。
なので、この商品を見たときは、すぐに食いつきました。笑
そして、さっそく試してみましたとさ。

「ミルクde水素」とは

「ミルクde水素」とは、「水素は“おなか”でつくられる」というメイトーのコンセプトによる特許出願中の商品です。

水素はおなかでつくられる。メイトーミルクde水素のメカニズムをご紹介

「ミルク de 水素」は「水素をつくる」
という牛乳がもっているチカラに着目し、
より多くの方で水素が産生されやすくなるように
開発された新しい乳飲料です。

「ミルクde水素」の効果

今日までで、3本目を飲んだとことです。

1本目、2本目と一日一本を連続で飲んで、1本目を飲んだ次の日から、「ん?おなかの調子がいい?」(というのは、いっぱい出た、っちゅーことです。笑)

続けて、2日目も飲んで、やっぱりまたいっぱい出ました。笑
(お食事中の方、申し訳ないです・・。)

一日目、二日目の夜、連チャンで飲んで、中二日開けて、3本目を今度は朝に飲んでみました。3本目は、この「ミルクde水素」に、スムージー系のドリンクを合わせて、プチファスティングっぽく。

そして、3回とも「おなか」の効果を感じました。
つまり、おなかで水素ができると、どうやら腸の調子が劇的によくなるらしい、、ということを少なくとも自分は体感しました。

といっても、メイトーも研究して、93%の人のおなかに「水素」が発生するようにしたようですよ。もちろん、残りの7%の人たちもいると思いますけど。笑

「ミルクde水素」の入手経路

ということで、自分はもうしばらく続けて様子見てみます。

常温保存で常温のまま飲めるので、職場に持っていって飲めます。常温でも、牛乳ほど気になりません。

牛乳苦手な人にも大丈夫、みたいに書いてあります。
自分も、基本、牛乳、嫌いなので。(飲めなくはないけど…)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする