サイコーの甘えび刺し

これも実はリピートなんです。

コロナ禍で外食もままならない中、4月の初めに注文したら、すごく美味しかったんです。
けっきょくいまだ、気楽に外食もしないので、もう一度、「甘えび刺し」を堪能してみることにしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

特大サイズの子持ち越前甘えび

スシローとかの甘えびを見てると、これって、本当に「甘えび」ですか??
と言いたくなるくらい、大きいです。
しかも、ワクワクするような、エメラルドグリーンの卵の子持ちです。
(ちょっと、エイリアンっぽい色、笑)

美味しさの秘訣は、船の上での「急速冷凍」、酸化防止剤などの添加物も一切未使用だそうです。
(添加物未使用はありがたい)

この甘えび食べちゃったら、スーパーの甘えびなんて食べられなくなります笑

おいしい解凍の仕方

クール宅急便で「冷凍」で届きます。

食べるときは、自然解凍は絶対ダメだそうです。
流水をあてての急速解凍がおいしく食べるコツになります。

当然、解凍後の再冷凍もNGなので、1箱500g、約30尾を一気に食べるか笑、表面のグレース(氷の膜)だけ溶かすと、一尾ずつ外れるそうですが、食べる量だけ外して、残りは固まりのまま、再冷凍すればOKです。

うちも前回は、1箱いっちゃいましたが、けっこう量があるので、今回は部分解凍してみました。
残りは翌日にしましたが、風味を損ねることなく、美味しいまま、いただけました。

ショップの画像では、甘えびの固まりを手に持ったまま、流水をあてていますが、氷の固まりなので、すごく手が冷たくなるのと、エビのヒゲやらが手に刺さって痛いです笑

なので、うちでは、大きいジップロックに入れて、天ぷらパッドに寝かせ、水道水が流れるようにしました。
そして、食べる分だけ、取り外し、残りはグレース残ったまま、新しいジップロックに入れて、そのまま、冷凍庫へ、、
翌日も同じように解凍しました。

少し凍ったままでも、食卓に出しておけば解凍してしまうので、一尾ずつにしなくてもいいと思います。

甘えびは二度美味しい

殻もすべて食べれるようですが、細かいのはめんどくさいので笑、頭だけ取っておきます。

お湯が沸いたら、その頭を入れ、だしをとります。
これで作った味噌汁は本当においしい。

もうひとつは、そのまま焼きます。
オーブントースターにアルミを敷いてもいいし、オーブンレンジでもいいし、魚焼きグリルでもOKです。
パリッとするまで焼けばそのまま、ビールのつまみになります。
ただ、ヒゲや足先は、チクチクするので、うちでは取っちゃいますね。焦げやすいのもあるし。
でも、足先など引っ張ると、肝心の中身が出てきちゃうこともあるので、ハサミ等でカットしたほうがいいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無添加&船上急速凍結!越前甘えび(子持ち特大サイズ)500g以上/約30尾入り【エビ】【えび】【海老】【あまえび】【アマエビ】【甘エビ】【30】
価格:1999円(税込、送料別) (2020/9/30時点)

楽天で購入

 

食べたあとの片づけ

すぐに生ゴミを出せるタイミングだといいんですが、甘えびとかカニの殻は、食べたあと、生臭いです。
殻ごと食べてしまえばいいんでしょうけど、人によって食べ方もちがうしね。

そんなとき、この生ゴミ用の袋があれば、かなりニオイを抑えることができます。

驚異の防臭素材「BOS」で、生ゴミが臭わない袋「BOS」がいいと思います。

生ゴミが臭わない袋 BOS(リライト)
ゴミの収集日って決まってますよね。 住居環境によっては、ある程度自由にゴミ収集場に置ける場合もあると思いますけど、通常は、ちゃんと「収集日」に出さなければなりませんよね。 ということは、生ゴミも、収集日までは、家の中に置いておかなきゃな...

コメント

タイトルとURLをコピーしました