ピリ辛キュウリ

(↑海外のキュウリって、日本のキュウリよりも、ずん胴みたいですね。イメージ画像選ぶのに苦労しました。笑)

料理にハマってる、というよりは、簡単でヘルシーなおつまみを探し求めています。

というのも、ぶっちゃけ、技術的な面が追いつかないので、作り方の手順も3つくらいで、誰でもできそうな「簡単な」レシピにトライしています。(レシピの検索するときは、必ず「かんたん」をキーワードに入れます。笑)

ということで、この前、作ってみたのが、こちらです。

アサヒのズバうま(ズバリうまい!の略。笑)「おつまみレシピ」から、「ピリ辛キュウリ」です。

「ピリ辛キュウリ」のレシピ

将来的なリンク切れにそなえ、簡単にメモっておきます。
(簡単そうに見えても、レシピないと、自信ないので。笑…)

材料

キュウリ 2本
豆板醤 小さじ1
しょうゆ 大さじ1
塩 ひとつまみ
ゴマ油 小さじ2

これで辛みが足りないときは、うちは、ラー油を少し入れたりします。

作り方

1. キュウリは、めん棒などでたたいて、食べやすい大きさに。

2. ビニール袋にキュウリと上記の調味料、豆板醤、しょうゆ、塩、ゴマ油を入れて外側からよくもむ。

3. ビニール袋の空気を抜いて結び、そのまま15分以上漬けこむ。
★長時間漬ける場合は冷蔵庫に入れる。

常温で漬け込む前に、冷蔵庫に入れてしまうと、味がしみこまない感じがしました。
「長時間漬ける場合は」というのも、それなりの意味があるんだと思います。

完成品!

食べるときになって、思ったんだけど、キュウリのヘタ(上と下、もしくは、右と左。笑)って、どうすればよかったの?(写真の上のキュウリとか…)

ふつう、サラダとか作るときは、ヘタは先に落とすよね?
完成品みて、なんか違和感あった。

アサヒのリンク先をよーく見ると、写真のまな板の上のキュウリはすでにヘタが切り落とされてる気がするんだけど、気づかなかったな。

っていうか、だったら、作り方に書いといてよ!
(たぶん、書かないでいいくらい、常識的なことってワケ?笑…)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする