帰ってきたMJr → もふにゃんJr( *´艸`)

マッカーサーJrさんが「もふにゃんJr」になって帰ってきました( *´艸`)

もふにゃんJr(帰ってきたMJr)|note
皆様の後方支援担当のMJrでございます(๑✪ω✪๑)/読者の皆様と一緒に、みんなで楽しみながら学べる温かい空間を作ってます😍🧐(∩ˊᵕˋ∩) ここはとにかく平和です🥰😉૮₍´。• ᵕ •。`₎ა  お手紙やファンアートはこちらまで💗mohunyanjr@gmail.com

まー、とにかく、帰ってきてくれて本当によかったぁー、、としか言えません。

前回のMJrさんに関しての記事はこちら。

帰ってきたマッカーサーJrさん、、
追記 二転三転したようですが、「追記4」に書かれているように、これからも存続してくださるようです。 新しい投稿を首を長くして待っています( *´艸`) 帰ってきたマッカーサーJrさんがまたどこかへ帰ってしまわれた。 思えば今...

そして、新しく「もふにゃんJr」(えー、こういうイメージでいいの?笑)となったMJrさんの新しい記事がリリースされています。

闇夜に炬火を。|偉大な大統領ジョン・F・ケネディが最も尊敬した日本人「上杉鷹山」を超考察。|もふにゃんJr(帰ってきたMJr)|note
国家があなたに何をしてくれるかではなく、あなたが国家に何ができるかを問おうではないか。 大統領ジョンF・ケネディ上杉鷹山の称賛者 ~白鷹山の石碑より~ 今回は新しい体制で始まった私の記念すべき1記事目の考察となります。(,,•﹏•,,) そして、新しいマガジン「天使と悪魔」の第一号でもあります。 ...

ざっと読んで胸熱になり、そのままもう一度噛みしめるように読んでもう一度胸熱になり、、
そして、この記事を書く準備のためにもう一度読んで、やっぱりもう一度胸熱になり、、( *´艸`)
とにかく、、この胸熱を、ふだんはもしかしたら、リトモスの記事を探しに来てるかもしれないみなさんにも、できることならお伝えしたいと思いました。

と言いつつ、正直言って、まず、タイトルでつまずいてしまいました。

『闇夜に炬火を。』の「炬火」、、なんて読むんでしょうか?( ̄▽ ̄;)

もちろん、調べましたよー!
結果、「たいまつ。かがり火。」のことで、「炬火(こか、または、きょか)」と読むそうです。

炬火とは - コトバンク
精選版 日本国語大辞典 - 炬火の用語解説 - 〘名〙 (「炬」は、かかげる火の意) 薪を束ねて立てて火を点じ、灯火とするもの。また、その係の者。たてあかし。〔十巻本和名抄(934頃)〕※中右記‐大治四年(1129)七月一五日「炬火十二人」

えっ、えっ??どっちで覚えたらいいのー??Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

ま、これもきっとその次の記事の『「知性の木」の話。』につながるよね。
次に見ても、「あー、なんて読むんだっけ?」とちゃんと思い出せる気がするよ。

「知性の木」の話。|もふにゃんJr(帰ってきたMJr)|note
未来に先回りして点と点をつなげることはできない。 君たちにできるのは過去を振り返ってつなげることだけなんだ。 だから点と点がいつか何らかのかたちでつながると信じなければならない。 自分の根性、運命、人生、カルマ、何でもいいから、とにかく信じるのです。 歩む道のどこかで点と点とがつながると信じれば、自信を持って思...

こちらの記事もぜひ読んでみてくださいね。

「炬火」をクリアしたと思ったら、さらに「上杉鷹山」と「竹俣当綱」、、こちらも、
上杉鷹山(うえすぎ ようざん)
竹俣当綱(たけのまた まさつな)
と読むそうです。

というか、どちらのお方も知らんかったぜよ。( ̄▽ ̄;)

けど、上杉鷹山とは、ジョン・F・ケネディが最も尊敬した日本人だそうです。

こんなところで、ジョン・F・ケネディの名前が出て来るだけで、さらにさらに胸熱!!

とにかく、一度、マッカーサーJrさん、、もとい、もふにゃんJrさんの記事を読んでみてください。
いまのこのコロナ禍のご時世、、そして、これから来るであろう時代の大きな変化、、そんなとき、私はもふにゃんJrさんの『闇夜に炬火を。』を思い出し、前を向いて生きていこう、、そう心の中で小さな決意をしました。( *´艸`)

このあと、新しい記事も公開されていますよー♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました