「Azukita」のサビを歌おう♪(サビ増量!)

※ サビ、というより、最初の出だしからの、読み方?発音?フリガナ?を追加しました。
これで、1番の歌詞から通してサビまで歌えるようになります♪


Ritmos#57の10曲目は、エアロダンスの「Azukita」です。

ホントは、リトル・ミックスかブリちゃんからいこうかな、と思ったんですが、このエアロダンスの曲は、リピートの部分が印象的だったんで、そこの読みがわかるとおもしろいかな、と思い、先にトライしてみました。

Steve Aoki, Daddy Yankee, Play-N-Skillz & Elvis Crespo – Azukita

アーティスト名と曲名の読みは:
「スティーヴ・アオキ、ダディー・ヤンキー、プレイ・ン・スキルズ & エルヴィス・クレスポ」の「アスキータ」になります。

「Azukita」と「z」の音がありますけど、発音は濁らないようです。

スティーブ・アオキさんは、DJ系の人、っていえば、わかる? ついこの前亡くなった、アヴィーチーみたいな。
ダディー・ヤンキーはリトモスではかなりおなじみの人ですけど、最近でいうと、「Despacito」の人です。あと、エルヴィス・クレスポは、#22のラテン、「Suavemente」の人です。

ということで、EDM系なんだけど、ラテン系な感じ?
とにかく、スペイン語の「エアロダンス」はリトモス至上、初めてだと思うんですけど、逆に、EDM系のエアロダンスはあまり当たってなかったから(笑)、ちょっと毛色がちがう感じでよかったのかも、とも。

「Azukita」のYouTube

左側の長髪の人が、スティーブ・アオキさん、右側が、ダディー・ヤンキー。
(ん?やっぱ、日本人名だと、「さん」付けしちゃうって?笑)

「Azukita」の試聴リンク

アルバムの下にある「▶」のマークを押すと、30秒(29秒ですね…)だけ、試聴できます。

Azukita
スティーヴ・アオキ, ダディー・ヤンキー, PLAY N SKILLZ & Elvis Crespo
2018/02/02 ¥250

iTunes Storeで曲をそろえている人は、この試聴リンクから曲を購入できます。

「Azukita」のサビ(カタカナでの発音・読み方)

[Verse 1: Elvis Crespo, Daddy Yankee]
La morena tiene algo
Que me llena de sabor
Y esa blanquita tiene algo
Que me arranca el descontrol (¡rrra!)

[Pre-Drop: Daddy Yankee]
Dame una de azúcar
Dame dos de azúcar
Dame tres de azúcar
Blanca y morena, blanca y morena (¡plo-plo!)
(Repeat)

[Chorus: Elvis Crespo & Daddy Yankee]
Azukita (¡azúcar!)
Azukita (¡azúcar!)
Azukita pa’ la niña bonita
Azukita (¡azúcar!)
Azukita (¡azúcar!)
Azukita pa’ la niña bonita
Azukita

[Verse 1: Elvis Crespo, Daddy Yankee]
ラモレナ・ケメ・アーゴ
ケメ・イェーナ・デ・サボー
イェサナ・ティバセネ・アーゴ
ケミャランタ・デスコントロー

[Pre-Drop]
ダムラ・ナスカー
ダメド・ダスカー
ダメレ・ダスカー
バッキ・モレーナ、バッキ・モレーナ
(リピート)

[Chorus]
アソキータ
アソキータ
アソキータ・パラニ・ナボリータ
アソキータ
アソキータ
アソキータ・パラニ・ナボリータ
アソキータ

「アスキータ」よりも自分は、「アソキータ」と聴こえます。

ちなみに、、
似てそうな、聞き覚えのありそうな空耳の「バッキ・モレーナ、バッキ・モレーナ」は、たぶん、「オーパッキャマラド、パッキャマラド、パオパオパパパ……」の「パッキャマラド」ではないですか?
こちらは、「クラリネットをこわしちゃった」の歌詞で、実は、フランス語だそうです。

「Azukita」の和訳(ざっくりな歌詞の意味など)

「Azukita」とは、スペイン語で「砂糖」のこと。

「Pre-Drop」の間の「una, dos, tres」はご存知のように、数字の「1、2、3」なので「お砂糖、おいくつですか?」の回答みたいだけど(笑)、ま、本当の砂糖ではないらしい。
英語の「ハニー」とか「スィーティー(sweetie)」というのと同じ感じなんでしょう。

そして、「Blanca y morena」は、「y」は英語の「and」で、「茶色と白」だそうです。
なので、ふつうに解釈すると、「砂糖、ちょうだい!1つね!(2つ、3つ)」「お砂糖は、茶色と白がございますが…」みたいな?笑

ということで、つまりは、褐色の女の子、白人の女の子、という意味だそうです。
ま、ラテン系は、というか、EDM系はこういうノリだから仕方ない。笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする