「Casate Conmigo」のサビを歌おう♪

Ritmos#56の9曲目は、ラテンの「Casate Conmigo」です。

「カサテ・コミーゴ!」のリフレインはインパクトありますけど、9曲目のラテンは、もうちょいガッツリ動きたいんだよね。やっぱり曲がスローなんですかね。笑

Silvestre Dangond, Nicky Jam – Casate Conmigo

アーティスト名と曲名の読みは:
「シルベストレ・ダンゴン、ニッキー・ジャム」の「カサテ・コンミーゴ」になります。

「Casate Conmigo」のYouTube

プロポーズしようとしてたら、べつのカップルが先になっちゃって、おいしいとこもってかれちゃった二人、って感じですかね。

「Casate Conmigo」の試聴リンク

アルバムの下にある「▶」のマークを押すと、30秒(29秒ですね…)だけ、試聴できます。

Cásate Conmigo
Silvestre Dangond & ニッキー・ジャム
2017/09/15 ¥250

iTunes Storeで曲をそろえている人は、この試聴リンクから曲を購入できます。

「Casate Conmigo」のサビ(カタカナでの発音・読み方)

Casate conmigo, Casate conmigo
Despues de tanto tiempo, si estamos juntos es el destino
Casate conmigo, Casate conmigo
Si el sol y la tormenta, tambien seran parte del camino
Quiero estar contigo, por dios te lo pido
Casate conmigo

カサテ・コミーゴ、カサテ・コミーゴ
デペ・セテント・ティエンポ、シェスタモ・ホント・セセレティーノ
カサテ・コミーゴ、カサテ・コミーゴ
シソイ・ラトメンタ、トビェン・セラ・パテデ・カミーノ
ケレタ・コンティーゴ、ポリョ・セロ・ピーゴ
カサテ・コミーゴ

正確には、「カサテ・コンミーゴ」なんだろうけど、曲のリズムについてきやすいように、なるべく短めのカタカナを振るようにしています。
なので、「カサテ・コミーゴ」としています。

「Casate Conmigo」の和訳(ざっくりな歌詞の意味など)

「Casate Conmigo」は、「Marry Me」、つまり、「結婚して!」という意味だそうです。
そして、この曲は、ちゃんと翻訳してくれてる人がいました。日本語で。

プロ野球の日本ハムファイターズで今年(2018年)からプレーしているベネズエラ出身のオズワルド・アルシア (Oswaldo Arcia) 選手が自身の打順でバッターボックスに向かう...

すごい丁寧に、解説までつけてくれてます。理解できないけど(笑)
どうやら、ファイターズの外国人選手の入場曲ってことみたいです。

でも、そうすると、まー、当然、ある一つの疑問が思い浮かびますね。
この選手は、野球の試合の登場曲で、なんで、よりにもよって、「結婚して!」という曲を選んだんだろうか、と。
シーズン後に、プロポーズでもしようとしてるのかな?笑

ということは、オープニングで、「オレを愛せ」と強要し(笑)、4曲目で、実は…と「カミングアウト」、9曲目ではついに「結婚してくれ!」と求婚し、クールダウンでは、追い打ちをかけるかのように、「Please・・・」とお願いする。

つぎのリトモス#57のDVDのあたまには、「レッスンを始める前に、、」とウリセスからのサプライズ発表があったりしてね。笑


歌詞の和訳や意味に関しては、管理人の個人的解釈を含んでいますので、お時間の許すかぎり、いろいろなキーワードで検索をかけ、いろいろなサイトの情報も参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする