「Candyman」のサビを歌おう♪

Ritmos#14の9曲目は、ジャズの「Candyman」です。

曲も楽しいし、コリオも楽しい!
文句なしの「大定番」!!

それと今後、いろんなトラックのサビを多くアップしたいので、サビ以外の情報は、のちほど追加になる場合もあります。

Christina Aguilera – Candyman

アーティスト名と曲名の読みは:
「クリスティーナ・アギレラ」の「キャンディマン」になります。

「Candyman」のYouTube

「Candyman」の試聴リンク

下のほうのバーの再生マークの「▶」を押すと、約30秒試聴できます。

Candyman
クリスティーナ・アギレラ
2006/08/09 ¥200

iTunes Storeで曲をそろえてる方は、曲名のリンクから購入することが可能です。

「Candyman」のサビ(カタカナでの発音・読み方)

[Chorus]
He’s a one-stop shop, makes the panties drop
He’s a sweet-talkin’, sugar-coated Candyman
A sweet-talkin’, sugar-coated Candyman

[Chorus]
ヒズ・ワンスト・ショップ、メイク・ザペリー・ドロッ
ヒズ・スウィートキン、シュガコーティ・キャンディマン
スウィートキン、シュガコーティ・キャンディマン

「Candyman」の和訳(ざっくりな歌詞の意味など)

「one-stop shop」とは、アルクの英辞郎によると、「一カ所で必要な全ての買い物ができること、またはそのような場所。 」とあります。

で、「makes the panties drop」は、直訳すると、「パンティをドロップさせる」なので、「彼は、ワンストップショップみたく有能だから(何でもできちゃうから)、パンティだって、下ろさせちゃう」、もうちょい変換させると、「彼の前だと、パンティだって脱ぎたくなっちゃうの!」笑笑。

「sweet-talkin’, sugar-coated」は、文字通り、「甘い話し方で、まるで砂糖でコーティングされてるかのような『飴男』」で、「キャンディーのマン」(笑)
ま、「アメ男」と書いて、「アメオ」とでも呼んでおきましょうかね。笑

「Candyman」の文法的解釈など、その他

いつも悩むんだけど、「和訳」と「文法的解釈」の内容がかぶるんですよね。
ここの見出し、変えたほうがいいのかな?
とりあえず、今回は「など、その他」で逃げておきます。笑

「make the panties drop」のパンティは「複数形」

上のサビの「panties drop」の「パンティ」は、英語だと複数形の「panties」になります。

パンツが複数形になる理由は製法から来る歴史的なものが名残だそうです。ここでいうパンツ(pants)は私達が想像する「ズボン」のことですが、以下の事柄はズボンだけではなく、shorts(シャツ)trunks(トランクス)panties(パンティ)などにも当てはまります。

へぇー。
まさにここに書かれている通り、2本の足で履くから複数形?と勘違いしてましたよ!笑

由来は、2枚の布を縫い合わせているから、だそうです。ちゃんと調べてよかった~笑
「チコちゃんは知っている」の欧米バージョンがあったら、出題されそうですね。笑

長くなってしまったので、文法的項目に見出しを付けました。
(一番最初に、「それと今後、いろんなトラックのサビを多くアップしたいので、サビ以外の情報は、のちほど追加になる場合もあります。」って書いたばかりなのに、けっきょく、こんなに長~くなってるぞ!笑)

「make the panties drop」の「make」は使役動詞

「make the panties drop」の「drop」は「動詞の原形」を使います。
正確に言うと、使役動詞「make」+「目的語」+「原形不定詞」です。

ほかには、「have」と「let」、あと、文法上、厳密には、「使役動詞」ではありませんが、使役動詞のように使われるので、おなじ使役動詞のタイトルにグルーピングされているのが「get」です。
ただし、「make, have, let」が原形不定詞を伴うのに対し、「get」は「to不定詞」を伴います。(「使役」の意味が似てるからです)

また、使役動詞「make」が受動態になると、「原形不定詞」から「to不定詞」になります。

「let」と「have」は受動態にはなりませんが、「let」の場合は、「be allowed to~」などで代用されることがあります。

最初の「ターザンとジェーン」の掛け声

この「キャンディマン」でもうひとつ触れておきたいのが、最初の軍隊だか水兵さんだかの掛け声の部分。(ってこの部分、リトモスにも含まれてたっけ?)

Tarzan and Jane were swingin’ on a vine
(Candyman, Candyman)
Sippin’ from a bottle of vodka double wine
(Sweet sugar, Candyman)

この部分聞いて、この「キャンディマン」って、誰かの曲のカバーバージョン?
って思う人もいるらしいんですけど、アギレラのオリジナル曲だそうです。

この軍隊的なかけ声を「ミリタリーケイデンス」というそうで、この曲は、その「ミリタリーケイデンス」をうまく取り入れて、、みたいな説明が書かれていたんですけど、そのページがどうしても見つかりません。
(上のリンクではなかったです、ちゃんと「お気に入り」に入れておけばよかった・・。)

ちなみに、上のターザンとジェーンの意味は、「ターザンとジェーンが蔦(ツタ)?ツル?でブラブラと揺れていた、ウォッカのボトルからちびちび飲みながら」となります。

最後の「vodka double wine」は、ふつうに読むと、語順的にも「ウォッカとワインのダブル」になると思うんですが、そもそもウォッカとかウイスキーには「ダブル」はあっても、ワインの「ダブル」ってあるの??笑

ま、「vine」と「wine」で韻を踏みたいのはいいとして、もし本当に「ウォッカとワインのダブル」を意味するとしたら、なんだか悪酔いしそうな飲み合わせですよね。笑

ということで、ここに関しては、何か追加の情報が見つかったら、更新するというにさせてください。

hristina Aguileraのアルバム/おすすめの曲

近いうちにまとめるつりです。


歌詞の和訳や意味に関しては、管理人の個人的解釈を含んでいますので、お時間の許すかぎり、いろいろなキーワードで検索をかけ、いろいろなサイトの情報も参考にしてください。