「It’s Raining Men」のサビを歌おう♪

Ritmos#19の4曲目は、ダンスの「It’s Raining Men」、これも大定番の1曲ですね。

ギリ10番台だし、コリオもシンプルで、どこか昔のディスコっぽい感じで(後半の手を上で回すのって、べつのコリオにもありましたよね?)、踊りやすい。

「It’s Raining…」というので、雨が降ってる歌かと思いきや、降ってくるのは、「雨」ではありません。笑

解説はのちほど。

Geri Halliwell – It’s Raining Men

アーティスト名と曲名の読みは:
「ジェリ・ハリウェル」の「イッツ・レイニング・メン」になります。

ですが、Googleで、「It’s Raining Men」を調べると、The Weather Girls (ザ・ウェザー・ガールズ)が最初に出てくるので、オリジナルはこの人たちかな。

一緒に、YouTubeのリンクも出てきますが、その静止画像がインパクトありすぎ。
いやー、この人たちに「It’s Raining Men♪」と歌い上げられるとマジで怖いわ。笑

「It’s Raining Men」のYouTube

The Weather Girlsバージョンがこちら。

この動画、見てない人!

一見の価値ありです、本当に、「男」が降ってきています。笑
でも、海パンにトレンチコート?? これは、ヤバすぎでしょー。日本だったら、確実に、捕まるよ。笑

Geri Halliwellバージョンがこちら

こちらは、ガンガンのダンス路線。一部、パックってそうな気もする。

「It’s Raining Men」の試聴リンク

試聴リンクは、Geri Halliwellバージョンだけでいいよね?
アルバムの下にある「▶」のマークを押すと、30秒(29秒ですね…)だけ、試聴できます。

It’s Raining Men
ジェリ・ハリウェル
2001/04/16 ¥250

iTunes Storeで曲をそろえている人は、この試聴リンクから曲を購入できます。

「It’s Raining Men」のサビ(カタカナでの発音・読み方)

It’s raining men! Hallelujah!
It’s raining men! Amen
I’m gonna go out, I’m gonna let myself get
Absolutely soaking wet!

It’s raining men! Hallelujah!
It’s raining men! Every specimen!
Tall, blonde, dark and lean
Rough and tough and strong and mean

イッツ・レイニ・メン!ハレルーヤ!
イッツ・レイニ・メン!エイメン
アィム・ゴナ・ゴーアウ、アィム・ゴナ・レッ・マイセル、
アブソルートリィ・ソーキン・ウェッー

イッツ・レイニ・メン!ハレルーヤ!
イッツ・レイニ・メン!エブリ・スペシメン!
トー、ブロン、ダーク・エン・リー
ラフ・エン・タフ・エン・ストロンゲン・ミー

「It’s Raining Men」の和訳(ざっくりな歌詞の意味など)

「ハレルヤ!アーメン!」と歌っているので、どんな敬虔な賛美歌かと思いきや、、「It’s Raining Men 和訳」とかで調べてもらうとすぐヒットしますが、降ってくるのは雨ではなく、「男」です。笑

歌詞の内容を簡単にまとめると、、
「男が降ってくるわよ~、よりどりみどりよ~」っていう曲です。笑
ただし、男が降ってくるのは、史上初のことらしいですが。

まーね、これ、「男」だからいいけど、「女」が降ってくる歌だったら、放送禁止になるかもね。笑
オリジナルは80年代の曲なので、「男が降ってくる」というのは、逆に、斬新だったのかも。

「It’s Raining Men」の文法的解釈

「It’s Raining.」と言えば、それ以上もそれ以下もなく、「雨が降っている」という意味です。

この「raining」にどうして、「men」という名詞をつなげて、「男が降ってくる」という意味になるのか、そもそも、「raining」の後ろに名詞が来ると言うのはありなのか、、と調べてみました。

そうすると、みなさんおなじみの「It’s raining cats and dogs.」というのが出てきます。
これは実際に、ネコや犬が(英語だと、犬やネコの順番ではないんだな、これが)降ってくるわけではなく、「土砂降り」という意味なんですね。

rain cats and dogs 雨が激しく[土砂降りに・ひどく]降る、大雨が降る◆【語源... - アルクがお届けする進化するオンライン英和・和英辞書データベース。一般的な単語や連語から、イディオム、専門用語、スラングまで幅広く収録。

つまり、「It’s raining (like) cats and dogs.」と「like」(~のように)が省略されているという考え方です。なので、このケースと同じ解釈ではなさそうです。

そして、しばらく検索を続けたら、ヒットしました。
どこぞの映画に、「It rains bubblegum.」という表現が出てきて、実際に降ってくるのも、「バブルガム」だったそうです。(噛んだあとのガムでないことを祈ります、アーメン。笑)

つまり、この場合の「rain」は、「〔雨のように~を〕降り注ぐ、降りかける」という意味の他動詞だそうです。
「rain」って、自動詞だという認識が強いんですよね。まさか、他動詞でこんなふうに動詞を取る語法があったなんて!

ということで、「雨のように男を降り注ぐ」=「男が降ってくる」という意味になるようです。

ちなみに、「It’s raining…」と進行形ですが、進行形が必ずしも現在進行している事柄を述べているわけではありませんよね?
近い未来の予定に関しては、進行形を使う、という解釈でいいと思います。

なので、今現在、「男が降っている」ということではなく、これから降ってくるということです。
この曲のオリジナルのアーティストは、「The Weather Girls」(お天気ガールズ)ですから。
(YouTubeの画像は、どーみても「ガールズ」じゃねぇーだろ!というツッコミはなしということで。笑)


歌詞の和訳や意味に関しては、管理人の個人的解釈を含んでいますので、お時間の許すかぎり、いろいろなキーワードで検索をかけ、いろいろなサイトの情報も参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする