「Swish Swish」のサビを歌おう♪

Ritmos#56の8曲目、リカバリーの曲は、セクシーダンスの「Swish Swish」です。

ときどきある、「リカバリーなのに!?」って感じのトラックですね。笑
うん、たしかに、キライなナンバーではない。コリオにもトリッキーなとこもあるし。

リトでは単に、ちょいと小難しい、けど、やりがいのある、今回のナンバーの中じゃ、いわゆる「人気」のトラックになるんでしょうけど、、個人的には、正直に、このトラックを「好き!」と言いたくないんですよ。

その理由は、追々、説明していきましょう。

Katy Perry – Swish Swish ft. Nicki Minaj

アーティスト名と曲名の読みは:
「ケイティ・ペリー」の「スウィッシュ・スウィッシュ ft. ニッキー・ミナージュ」になります。

「Swish Swish」のYouTube

この静止画像だけで、見るからにひと癖もふた癖もありそうなメンツぞろいのケイティ率いる「Tigers」(すでに名前負けしてる。笑)
そして、動画をスタートすると、どう見てても「羊」には見えない、いかつい兄ちゃんたちのチーム「Sheep」(笑)とのバスケのゲームが舞台です。

ケイティたちのチーム名は、歌詞の最初に出てくる「タイガー」を使ってるようです。
YouTube動画のほうでは、やられっぱなしのケイティたち「タイガース」が後半、がんがんと盛り返していきます。

ケイティは、この「Swish Swish」が「ビーフソング」であるとはオフィシャルには認めていないようで(って当たり前か…笑)、いろいろ辛い思いをしてる人たちに対する応援歌(アンセム)、というようなことも言っています。↓

ツアーダンサーの奪い合いを発端に始まったケイティ・ペリーとテイラー・スウィフトの不仲。その後、テイラーがケイティとのバトルをネタに「Bad Blood」をリリースしたことから、世界中が2人の険悪な関係を知ることに! その後もことある...

たしかに、チーム「Sheep」にやられっぱなしの前半から、ケイティの「タイガース」が健闘します。でもそれだけでは、「アンセム」の要素には足りない・・。

ひと通り歌詞を見ても、たとえば、「Firework」のようなシンプルに、純粋に、単純に、、心揺さぶられる歌詞はこの曲の中には見当たりませんでした。
ま、あったとしても、「ビーフソング」的な要素があった時点で、「アンセム」的な部分は、プラマイゼロどころか、大きくマイナスになってしまう気がします。

だから、インタービューの内容は、ちまたの噂をはぐらかすための詭弁にしか思えなくなる。
といってももちろん、この手のインタビューで、率直に「Yes」と本音を答えることが、ケイティにとって、というだけでなく、テイラーにとっても、賢い選択だったとも思えないんだけどね。

また、ここでスタックしちゃうんで、先に進ませていただきます。笑

「Swish Swish」の試聴リンク

アルバムの下にある「▶」のマークを押すと、30秒(29秒ですね…)だけ、試聴できます。

Swish Swish (Valentino Khan Remix) [feat. Nicki Minaj]
ケイティ・ペリー
2017/06/30 ¥250

iTunes Storeで曲をそろえている人は、この試聴リンクから曲を購入できます。

「Swish Swish」のサビ(カタカナでの発音・読み方)

[Chorus: Katy Perry]
Swish, swish, bish
Another one in the basket
Can’t touch this
Another one in the casket

スウィッシュ、スウィッシュ、ビッシュ
アナザ・ワン・インザ・バスケッ
キャン・タッチ・リス
アナザ・ワン・インザ・カスケッ

へぇー、「casket」って、「棺桶」って意味なんだ。
どっちにしてもあんまり景気のいい曲ではなさそうですよね。笑

「Swish Swish」の和訳(ざっくりな歌詞の意味など)

この曲をググって見た人は、すでにご存知かと思います。
#46のクールダウン、Taylor Swiftの「Bad Blood」との因縁の曲って。

ふたりの不仲の発端は、ツアーダンサーの奪い合いだったそうです。
それを、テイラーが「Bad Blood」で歌って、世間の知るところとなり、ケイティがこの「Swish Swish」でリベンジした、ということらしい。

もとは決して嫌い合っていなかったという歌手テイラー・スウィフト&ケイティ・ペリーだが、テイラーは数年前に突然「ある同性の敵がいる」と暴露。「彼女は私のアリーナツ...

でも、これって、、ケイティやテイラーの問題じゃなく、ツアーダンサーの問題だよね?笑
欧米はよくもわるくもやっぱり個人主義だからねぇ…

そして、このテイティの曲は、なんでもサビの「Swish, swish, bish」が、テイラー・スウィフトの「スウィフト」に発音が似ていて、「スウィフト、スウィフト、ビッチ」って歌ってるように聞こえるんだとか。笑

そのための「swish」かよ!となんかスッキリしないんだけど、もともとこの「swish」は、バスケットボールで、ボールがリングのどこにも当たらずネットを通り抜けるときの音を表しているそうです。

ちなみに、こういう対立状態をヒップホップなどでは、「Beef(ビーフ)」と言うそうです。で、おたがいをディスった曲をリリースするみたいな。

っていうかさ、音楽とかアートをそういうことに使うんでいいの?と思ったんですけどね、、
いろいろ検索してたら、ついに「仲直り」したとの情報も出てきました。

2013年頃から、ツアーに参加するダンサーを巡って喧嘩が勃発し、修復不可能と言われてきたテイラー・スウィフトとケイティ・ペリー。ケイティの勇気ある行動をきっかけに、ふたりが和解したと報じられている。

これで二人で、ラブラブな仲直りソング(笑)でも出したら、「えっ?あんなに罵りあっといて?」って、こっちのほうが恥ずかしくなりそうだけど、その曲がもしまたリトモスで採用されたならば、また一緒に楽しく踊りましょう。笑

「ビーフソング」

そうそう、なんで、ポークでもチキンでもラムでもなく、「ビーフ」なんだろう?
と思いまして。
そしたら、「beef」自体に、動詞で「不平を言う」という意味があるそうです。

beef 【自動】不平を言う 【他動】 〔牛を〕太らせる ~を強化する◆beef upの形... - アルクがお届けする進化するオンライン英和・和英辞書データベース。一般的な単語や連語から、イディオム、専門用語、スラングまで幅広く収録。

牛って、「モーモー」って鳴くじゃん?
たぶん、それが、文句たれるときの「もぉー!!」と同じってことなんじゃない?
(英語と日本語、ごっちゃまのこじつけだけど。笑)

Katy Perryのアルバム

アルバム情報は、以下にまとめていますので、こちらからご確認ください。

Katy Perryのアルバム
アーティストのアルバム情報は、ひとつのページにまとめようと思います。 いままで、トラックごとにアルバム情報をリンクしていたんですが、お...

歌詞の和訳や意味に関しては、管理人の個人的解釈を含んでいますので、お時間の許すかぎり、いろいろなキーワードで検索をかけ、いろいろなサイトの情報も参考にしてください。