しょっぱい梅干し

しょっぱい梅干しが好きです。
昔、、おばあちゃんが漬けてくれてたような。

この「しょっぱい」の基準は、だいたい20%前後の塩分のものです。
最近の健康志向から、塩分の摂りすぎはよくない、ということからでしょうか。最近は、塩分20%くらいの梅干し、あまりスーパーで見かけません。
なので、数年前からうちは、ネットで買うようになりました。

紀州南高梅の白干し

しそ付けの梅干しも苦手です。笑

最初はいろいろ試してみて、「白干し梅」が我が家の好みに合うことがわかり、以来、「紀州南高梅の白干し」オンリーです。

こちらがこの前、楽天市場で買ったほう。

こちらはその前に、アマゾンで買ったほう。

しょっぱい梅干しの活用法

やっぱりこれからの季節はお弁当用ですよね。おにぎりとか。

自分も仕事帰りのジムの前に、食べないのもよくないけど、食べすぎもよくないし、コンビニのおにぎりだと、ひとつ、170~180kcalくらい?
ひとつじゃ、ちと足りない。足りないからと2つにすると、こんどは多すぎ。笑
なかなか調整ができず、時間のあるときは、おにぎり持参です。

しかも、ランチで食べるのとべつで、夕方ですからね。
夏場は、会社ではクーラーのかかったとこに置いてるといっても、行き帰りはやっぱり暑いし、保冷剤と、塩分の強い、しょっぱい梅干しでのおにぎりであることは必須条件でしょう。

お弁当箱でも、梅干し入れるとちがう、と言いますけど、8%とかあまり塩分の低い梅干し入れるのは、どうなんでしょうね?

そもそも自分は、しょっぱくない梅干しが苦手なんで、しょっぱい梅干ししか食べられません。笑

塩分についての考え方

こんなに塩分の高い、しょっぱい梅干しが好きな自分ですが、最近はかなり、減塩の意識が高いです。
しょう油も減塩しょうゆだし、味噌も減塩みそ、バターも無塩バターです。

塩分も摂りすぎはよくないけど、摂らなさすぎもよくないわけで、ふだん、減塩を意識している分、梅干しくらいはいいかなーと思ってます。

たぶん、なんでもそうなんでしょうけど、摂りすぎもよくないけど、摂らなさすぎもよくないんですよ。
やっぱり行き着くところは、バランスのいい食生活ってことなんでしょうね。

そして、これからの暑くなってくる季節は、汗をかくと塩分も出てしまうので、寒い季節以上に、塩分の補給は大事になってくると思います。

といっても、ジム通いしてる人は、春夏秋冬関係なく、汗かいてますからね。笑
それなりに、塩分補給も必要ですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする