けっきょく続けてる「お財布.com」

アプリ

気がついたら、いつの間にか登録しちゃってた、いわゆる「お小遣いサイト」がたくさんあって、収拾つかない感じになってたので、何年か前に換金率の悪いもの、換金まで時間がかかりそうなものを思い切ってやめたんです。

そのなかで、けっきょくやめずに残っているお小遣いサイトのひとつが「お財布.com」です。

クリックのひと手間だけの「お財布.com」

いつも間にか登録してて(笑)、最初のほうは惰性でやってました。
以前はたしか、メールを受信するだけでポイントがついたりして、楽だったんですよね。

いまも、クリックするだけのメールがスマホ用とPC用両方あるんで、ちょこちょこ来ます。
でも、本当にクリックだけのひと手間なので、スキマ時間にクリックできます。
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

PCとスマホ両方でコインが貯まるスタンプラリーの裏ワザ

1週間単位で行われている「スタンプラリー」というイベントがあります。
一日一回ずつ、パソコンからとスマホから、スタンプすることによって、それぞれ1コインずつ、計2コインもらえ、連続でスタンプを押すと、さらにボーナスコインももらえます。

ただ、最近、パソコンとスマホでスタンプを押せる時間が変わってしまったんです。
以前は、24時間どちらも好きな時間に押せたんですが、PC用の時間とスマホ用の時間に分かれてしまいました。

できるだけ逃さないように、iPhoneのプレインストールのリマインダーで時間設定してますが、ちょっとめんどくなりました。改悪でしょうね。

「Puffin」というアプリ

裏ワザというのは、パソコンを開ける時間がないとき、パソコン環境として、使えるのが「Puffin」というアプリです。
無料でも使えますが、期間限定なので、まずは無料で使ってみて、その後も使うようでしたら、購入してしまうのがいいと思います。

FLASHが使えないSafariではなく、スマホ上でもパソコンとして、サイトを見れます。
自分はココログ時代にどうしてもスマホでお庭の木の実を収穫したくて(笑)、いろいろ探しかくって、このアプリにたどり着きました。
いまは、スマホからでも収穫できるようになったようですが、スマホだと機能が制限されていて、パソコン上でのマウスオーバー(マウスをのせると中の文字や画像が見えるなど)の動きができないのでやはり、このアプリは必需品です。

無料版のPuffinはこちらです。

有料版のPuffinはこちらです。現在は、480円です。
ま、その価値はあると思います。自分が買った数年前は、たしか、240円くらいだったと思うんですけど。

電子マネー系はとうぜん換金手数料無料の「お財布.com」

最初は、楽天銀行のキャッシュ交換ねらいだったんです。
でも、交換手数料が80コイン(1コイン=1円)で、区切りのいい換金ポイントを待ってるうちにそこそこな金額になってました。

でもね、なにも手数料かけて、わざわざ現金にすることないんですよね。
自分は、アマゾンのポイントにして、アマゾンでショッピングするときに使ってます。

クレカ作るならキャッシュバック率の高い「お財布.com」で

ちょっと前に、イオンのクレジットカード作ろうと思いまして。
とりあえず、イオンに行って、カードの案内している即席の窓口(エスカレーター横にちょこんとあるカウンター)で聞いてみたんです。

申込み書セット渡されて、パソコンからできます、って。
パソコン使ってない高齢者の方とかは、その場で申し込めるみたいです。

新しくクレカ作るなら、自分が登録してるサイトにキャッシュバックないか、確認しようとは思ってたので、その場ですぐに申し込むつもりはどちらにしてもなかったんですけど、いただいたその申込み書にあるイオンのサイトから申し込んだとしても、そのカードを○ヶ月以内に○円以上使うと、○○円のキャッシュバックみたいなのはあったんですが、自分はイオンカードは作っても、メインは楽天カードなのでそこまでの使用予定はなく、、
そうすると、ぜんぜんメリットないんですよ、イオンの窓口(申込み書)で直接カードを作っても。

そしたら、お財布.comにもイオンカードが出てて、使用などの条件なしで、カード作成だけでイオンよりもいい還元率だったので、こちらで作りました。ほかのサイトもざっと見たけど、お財布コムがいちばんよかったと思います。

というか、イオン自体のキャンペーンはそれはそれで有効なので、やはりイオン直で申し込みするよりもこういったサイトを経由したほうがポイントがもらえてお得だと思います。
これからも何か作るときは、まずは、お財布コムをチェックですね。

ということでお財布コムはこちらからどうぞ♪
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする