「Scary」のサビを歌おう♪

Ritmos#57の3曲目は、ダンスの「Scary」です。

カリテスのサイトでは、「レゲトン」になってました。
そして、4曲目の「Dura」が「ディスコダンス」(ホントは、「レゲトン」)っていうか、間違いに気づいたら、ふつうに、直してほしいです。笑

コリオとしては、ジャンプから入るのはいいと思うんですけど、最後の単純な横移動での、あのヒラヒラの手、どうにかならなかったんですかね?笑

Britney Spears – Scary

アーティスト名と曲名の読みは:
「ブリトニー・スピアーズ」の「スケアリー」になります。

「Scary」のYouTube

「Scary」の試聴リンク

アルバムの下にある「▶」のマークを押すと、30秒(29秒ですね…)だけ、試聴できます。
Scary
ブリトニー・スピアーズ
2011/03/25 ¥200

iTunes Storeで曲をそろえている人は、この試聴リンクから曲を購入できます。

「Scary」のサビ(カタカナでの発音・読み方)

[Chorus]
It’s scary, yeah
I think I need some hypnotherapy, yeah
Cause when you stare at me I
Wanna take over your body
Like, like, like, it’s Freaky Friday
I wanna take you to a dark place
Make you, make you, make you, do it my way
It’s scary, yeah
I think I need some hypnotherapy, yeah
This scene is so very
I want you so bad, it’s scary
Baby, I want you so bad, it scares me

[Interlude]
So scary, so scary, so scary, yeah
So scary, so scary, so scary

[Chorus]
スケアリー、イェー
アスィン・アニ・サム・ヒプノセラピー、イェー
コズ・ウェユ・ステァリ・ミーア
ウォナ・ティキュ・バディ
ライク、ライク、ラクシー・フライディ
ア・ウォナ・ティキュトゥ・ダークプレイス
メイ、メイキュ、メイキュ、ドゥ・マイウェイ
スケアリー、イェー
アスィン・アニー・サム・ヒプノセラピー、イェー
リシーン・イズ・ソベリー
アウォンチュ・ソ・バァ、スケアリー
ベビ、アウォンチュ・ソ・バァ、スケアズ・ミー

[Interlude]
ソ・スケアリ、ソ・スケアリ、ソ・スケアリ、イェー
ソ・スケアリ、ソ・スケアリ、ソ・スケアリ、

「Scary」の和訳(ざっくりな歌詞の意味など)

またまた、ブリちゃんらしい曲ですよね。笑

スケアリー、スケアリー、って何をそんなに怖がってるかっていうと、「I want you so bad」だからだそうで。笑
(*「so bad」は、下の文法的解釈で説明します)
ま、「Hold It Against Me」と同じ感じ、ブリちゃんの定番ですよ!笑

「Hold It Against Me」のサビを歌おう♪
Ritmos#29の1曲目、ウォームアップの曲は、ダンスの「Hold It Against Me」です。 このリトモスの使用曲のサビの...

ただし、今回のブリちゃんの「your body」の欲しがり方は、ちとちがう。
「take over」(乗っ取る)だの「take you to a dark place」(暗闇に連れ込みたい)だの、ちょっと物騒な感じ。笑

で、この物騒さのカギは、上で青字にした「Freaky Friday」。
ま、「フリーキーな金曜日」って、なに?とは思ってたんだけど、和訳してくれてた方の和訳を見たら、「フォーチューン・クッキー」という和訳があてられていて、調べてみたら、そういう映画があるそうです。
(サビの発音の部分では、「like」があるので、「ラ」の音をあえて残しましたが、「freaky Friday」あたりのとこは、「セクシーフライデー」としか聴こえません。笑)

いまどきの日本でいうなら、あの「君の名は。」といったところでしょうか。
ただし、「フォーチューン・クッキー」は、男女ではなく、母と娘の入れ替わりだそう。
ま、ブリちゃんの「your body」も、母や娘を対象にしているわけではないと思うので、そこは問題ない。笑

つまり、ブリちゃんは、「あなた」と体が入れ替わっちゃうような感じで、「I don’t wanna eat ya, I’ll just make you mine」(食べるつもりはないけど、あなたを自分のモノにしたいだけ)って。笑笑

なんていうか、個人的には、「フォーチューン・クッキー」や「君の名は。」みたいな入れ替わりのストーリーでなく、頭にイメージとして浮かんだのは、映画の「エイリアン」なんですけどね。笑

だって、「乗っ取りたい」、「暗闇に連れ込みたい」、だけど、「食べるつもりはないけど、あなたがほしい!」って、、それってさ、あのヨダレ、ダラダラ流しながら、シガニー・ウィーバーに迫ってく暗黒の未知の生命体そのものじゃない?

そういう意味では、背筋がゾクっとくるくらい、やっぱり「スケアリー」な歌詞そのものの曲でした。笑

「Scary」の文法的解釈

「so bad」は、ふつうだと「とても悪い」の意味になるんだけど、この歌詞のように、「どうしても」とか「~したくてたまらない」という意味もあります。
たぶん、これは文脈で判断するしかないのかな。笑

日本語での似たケースといったら、、例えば、「やばい」って、もともと悪いほうの意味で使われてたはずなのに、いつのまにか、「すごい!」みたいな意味にもなってるじゃん?
そういうのと似たような感じなのかな、と。言葉は、「生き物」なのでね。

Britney Spearsのアルバム

この曲は、アルバム「Femme Fatale (Deluxe Version)」に収録されています。
なんだ、ぜんぜん、古い曲だったんですね。笑

アルバム情報は、以下にまとめていますので、こちらからご確認ください。

Britney Spearsのアルバム
新しい試み、アルバム情報のページの独立化、第6弾です。 紹介したいアルバム、たくさんあるのに、自分の遅筆のせいでぜんぜんキャッチアップ...

歌詞の和訳や意味に関しては、管理人の個人的解釈を含んでいますので、お時間の許すかぎり、いろいろなキーワードで検索をかけ、いろいろなサイトの情報も参考にしてください。