「Never let you go」のサビを歌おう♪

Ritmos#61の8曲目、リカバリーの曲は、セクシーダンスの「Never let you go」です。

ふつうのセクシーダンスですかね。笑

スポンサーリンク

Slushii – Never Let You Go ft. Sofia Reyes

アーティスト名と曲名の読みは:
「スラッシー」の「ネバー・レット・ユー・ゴー ft. ソフィア・レイエス」になります。

「Never let you go」の意味

直訳すると、「あなたを決して行かせない」になります。

「Never let you go」のYouTube

「Never let you go」の試聴リンク

iTunes Store

(現在、リンクが作成できません。解決できたらのちほどリンクを追加します)

Amazonや楽天市場など

Amazonや楽天市場などから詳細を見るにはこちらから。

「Never let you go」のサビ(カタカナでの発音・読み方)

[Chorus]
It’s a hard time finding your freedom
And a long way to go
But I say, “It’s within your heart and buried in your soul”
As long as I’m with you, I’ll never let you go
“It’s within your heart and buried in your soul”
As long as I’m with you, I’ll never let you go

[Post-Chorus]
“It’s within your heart and buried in your soul”
As long as I’m with you, I’ll never let you go
“It’s within your heart and buried in your soul”
As long as I’m with you

[Chorus]
イッツァ・ハーターイ・ファイディ・ユァ・フリーダ
エナ・ロン・ウェー・ゴー
バ・アィセィ、「イッツ・ウィズィ・ユァハー・バリ・イユァ・ソー」
アズ・ロンアズ・ウィズ・ユ、ア・ネバ・レッチュ・ゴー
「イッツ・ウィズィ・ユァハー・バリ・イユァ・ソー」
アズ・ロンアズ・ウィズ・ユ、ア・ネバ・レッチュ・ゴー、

[Post-Chorus]
「イッツ・ウィズィ・ユァハー・バリ・イユァ・ソー」
アズ・ロンアズ・ウィズ・ユ、ア・ネバ・レッチュ・ゴー
「イッツ・ウィズィ・ユァハー・バリ・イユァ・ソー」
アズ・ロンアズ・ウィズ・ユ

/ Calling on me to lift you up / Whenever you're feeling down / Some kind of freak / Nobody understands / What you're going through / / It's a hard time findi...

歌詞全文はこちらになります。参考にしてみてください。

「Never let you go」の和訳(ざっくりな歌詞の意味など)

ぜんぜんセクシーダンスっぽい内容じゃないんですけど。笑

サビの部分は、

あなたの自由を見つけるのはむずかしい時だし、たどり着くには長い道のり
でもわたしはこう言う、「それはあなたの心の中にある、あなたの魂の中に埋もれてる」
わたしがあなたと一緒にいる限り、わたしはあなたを行かせやしない
「それはあなたの心の中にある、あなたの魂の中に埋もれてる」
わたしがあなたと一緒にいる限り、わたしはあなたを行かせやしない

[Post-Chorus]もほぼほぼ同じような内容になってます。

「Slushii」ってDJ系の人のようで、なんかDJ系の人の曲って、歌詞はあまり意味がない気がするのは気のせいかな?笑

と思ったので、Verse1もざっと見ることにします。
(最初から見ればいいのに!笑)

[Verse 1]
Calling on me to lift you up
Whenever you’re feeling down
Some kind of freak(free)
Nobody understands
What you’re going through

あなたはわたしを呼んでいる、あなたの気分を持ち上げるために
あなたが落ち込んだときはいつでもね
変わり者なやつらなんか(ある種の自由)
あなたがどんなに辛いかなんて誰も理解しやしない
*( )内は、歌詞が「freak」ではなく、「free」の場合

どっちの歌詞が正しいんだろう?と見てみたら、「freak」よりも「free」としている歌詞のほうが多かったんです。
でもね、文法的に考えると、「some kind of」のあとは、名詞(名詞句)になるはずで、「free」だと形容詞になっちゃうから、ちょっと納得しかねています。
(「freedom」だったら「あり」なんだけど、文脈的に意味がわからん・・。ま、「freak」だとしても、わかりにくいのは同じだけど笑)

やっぱり、DJ系の曲の和訳はあまりやりたくない。笑

ちなみに、最初の「Calling on ~」も、名詞句でもないし、分詞構文とも考えにくい。

「Calling on me to lift you up」の前に、主語の「you」が省略されていると考えるか?
ということで、「You’re calling on me to lift you up」と仮定して、上記のような訳をあててみました。

考えてもよくわからない歌詞の和訳は疲れます・・。


歌詞の和訳や意味に関しては、管理人の個人的解釈も含んでおります。お時間の許すかぎり、ご自身でいろいろなキーワードで検索をかけ、いろいろなサイトの情報も参考にしてみてください。