ヨーグルトメーカー IYM-014

ついに買いました、ヨーグルトメーカー。

前から、ほしいなーとは思っていたんですけど、なかなか調べる時間もなく、伸ばし伸ばしになっていたんですが、4月入って、ヨーグルト、値上がりしましたよね?
で、改めて、「ヨーグルトメーカー」を探してみたら、思っていたほど高くなかったので、じゃあ、トライしてみようかな、と思いまして。

とりあえず、ヨーグルトと飲むヨーグルト、甘酒くらいができればいいかな、と思って、アイリスオーヤマの「IYM-014」にしました。

スポンサーリンク

IYM-014で飲むヨーグルトはできるのか?

アイリスオーヤマで、IYM-013とIYM-014という型番ちがいの製品があります。

「飲むヨーグルト」がプリセットされているのは、「IYM-013」のほう。
「IYM-014」には、プリセットされているメニューに、「飲むヨーグルト」はありません。

でも、アイリスオーヤマ製でない、他のヨーグルトメーカーだと、温度設定や時間設定の範囲がほぼ同じにもかかわらず、「飲むヨーグルト」対応と書かれているんですね。

つまり、アイリスオーヤマのIYM-014では、飲むヨーグルトはプリセットこそされていないにせよ、温度と時間を手動で設定することによって作ることができる、ということだと判断しました。

ざっと検索したところでは、飲むヨーグルトは、「30度で8時間」というのを見つけました。
もとの牛乳は、1000mlでも500mlでもおなじみたいです。
(まだ試してないので、また結果を報告します)

IYM-013とIYM-014の違い

013と014の違いは、他のいろいろな製品と同じく、リリースの年の違いになっていて、通常、番号が大きいほど、製品が新しいことになります。

ということで、現時点でのアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーの最新モデルは「IYM-014」で、「IYM-013」はひとつ前の型番になります。

飲むヨーグルトも作りたい人にとっては、もしも、013のほうが新しいモデルだとしたら、価格がその分高いとしても、気にならなかったと思います。

でも、飲むヨーグルトを作りたいのは、山々ですけど、そのために、014の最新モデルがあるにもかかわず、013の型落ちを選ぶのはねー。
しかも、型落ちのIYM-013のほうが価格も高いし。

IYM-013とIYM-014、どっちを買えばいいのか

家電製品の古いのは気にならない&飲むヨーグルトのプリセットメニューがほしい!
という人は、一つ古い型番になりますが「IYM-013」を選んだほうがいいと思います。

やっぱり家電は、買うその時で、最新のモデルを買っておきたい!という人は、IYM-014を買ったほうがいいと思います。
飲むヨーグルトは、ひと手間かければ、手動で、作ることはできるみたいですから!

IYM-014はこちらです。上がアマゾン、下が楽天市場です。
ちなみに、こちらの楽天市場のショップで、「IYM-014」を購入しました。

Amazon.co.jpで買う

IYM-013はこちらです。上がアマゾン、下が楽天市場です。
ちなみに、こちらの楽天市場のショップで、「IYM-014」を購入しました。

Amazon.co.jpで買う

「IYM-014」であれば、楽天市場で買ったほうが安いですし、キャンペーン期間中だとよりお得になると思います。
ただし、「IYM-013」だと、楽天市場よりもアマゾンのほうがかなりお安くなってます。

どの牛乳を使えばいいのか

1本目、ふつうの牛乳
2本目、おいしい牛乳 低脂肪乳

低脂肪乳は、ネットで見ても、「できる」も「できない」もあります。笑

うちでは、おいしい牛乳のキャップ付き、900mlを買ってきてしまい、作ってみましたが、いちおう、かたまりました。
ふつうの牛乳に比べると、やわらかめでしたけど。

そして、3本目、おいしい牛乳でない、900mlでない、フタにキャップが付いていない「低脂肪乳」で試してみたいと思います。

結果は、また改めます。