「All About That Bass」のサビを歌おう♪

Ritmos#43の8曲目、リカバリーの曲は、ジャズの「All About That Bass」です。

曲は楽しいけど、リカバリーなのが残念。

スポンサーリンク

Meghan Trainor – All About That Bass

アーティスト名と曲名の読みは:
「メーガン・トレイナー」の「オール・アバウト・ザット・ベース」になります。

この曲は、メーガン・トレイナーのデビュー曲で、全米8週連続1位の大ヒットだったそうです。

「All About That Bass」の意味

「all about ~」だと、ふつう「~に関するすべて」みたいなのが、一般的な訳になると思います。

ですが、「あのベースに関するすべて」だと、いまいちハッキリ見えないのと、「that bass」は、メーガン自身のことだと思うので、「要するにわたしは低音なわけで」くらいのほうがまとまりますかね?

「All About That Bass」のYouTube

「All About That Bass」の試聴リンク

下のほうのバーの再生マークの「▶」を押すと、約30秒試聴できます。
All About That Bass
メーガン・トレイナー
2014/06/30 ¥200

iTunes Storeで曲をそろえてる方は、曲名のリンクから購入することが可能です。

「All About That Bass」のサビ(カタカナでの発音・読み方)

[Chorus]
Because you know I’m all about that bass
Bout that bass, no treble
I’m all ‘bout that bass, ‘bout that bass, no treble
I’m all ‘bout that bass, ‘bout that bass, no treble
I’m all ‘bout that bass, ‘bout that bass

ビコズ・ユノ・アィモー・バタ・ベス
バタ・ベース、ノー・チョレブ
アィモー・バタ・ベス、バタ・ベス、ノー・チョレブ
アィモー・バタ・ベス、バタ・ベス、ノー・チョレブ
アィモー・バタ・ベス、バタ・ベス

“All About That Bass” is all about the empowerment of being thick. This debut single by Meghan Trainor immediately put her on the map. From the time it was rel...
歌詞全文はこちらになります。参考にしてみてください。

「All About That Bass」の和訳(ざっくりな歌詞の意味など)

「bass」が「ベース、低音」で、「treble」(トレブル)が「高音」というのが基本になります。

「トレブル(高音)じゃなくて、ベース(低音)なの!」という歌ですね。
声の高音・低音もありますけど、体型のスレンダー(高い声)・ぽっちゃり(低い声)にかけてるようです。

この曲は、和訳もたくさんしてくれてるようですが、タイトルの和訳も見つかったので、リンクしておきます。

All About That Bassの意味や使い方 オール・アバウト・ザット・ベース。 - 約1138万語ある英和辞典・和英辞典。発音・イディオムも分かる英語辞書。

「わたしのぽちゃティブ宣言!」だって。笑
「ポジティブ」と「ぽっちゃり」をかけてるんですよね?
しかも、どうやら本当に、このキャッチフレーズで売り出してたみたいですね。笑

ちなみに、「no treble」のとこは、「no trouble」と似て聞こえますよね。
どこかに、やっぱり「treble」に「trouble」をかけているとの指摘があって、「ベース(ぽっちゃり)だけど、ノートラブル(誰にも迷惑かけてない)」みないに解釈されてました。

「All About That Bass」の文法的解釈

タイトルの「that」の使い方がちょっと気になりました。なぜ、「the」でも「this」でもなく、「that」なんだろ?って。

まーでもこれは、単純に考えて、自分を「ベース」と例えているわけだから、言ってみれば、「だからー、あたしってばさー、(いわゆる)“ベース”な感じじゃん?」とか?笑
(すまん、、「いわゆる」しか思いつかんかったけど、ギャルは「いわゆる」なんて使わんよね?笑)

この感覚だと、「ベース」はやっぱり、「the」の「そのベース」でもなく、「this」の「このベース」でもなく、やっぱり「that」の「あの“ベース”よ!」っていう言い方が合うと思うんですけど、どうでしょうか?

Meghan Trainorのアルバム

アルバム情報は、以下にまとめていますので、こちらからご確認ください。
Meghan Trainorのアルバム
新しい試み、アルバム情報のページの独立化、第10弾です。 とうとう「第10弾」まできちゃいました。今後のナンバリングはどうしよーかな。...

歌詞の和訳や意味に関しては、管理人の個人的解釈を含んでいますので、お時間の許すかぎり、いろいろなキーワードで検索をかけ、いろいろなサイトの情報も参考にしてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする