マグネシウムパワーの「洗たくマグちゃん 」(洗剤の量編)

laundry

ちょっと前に、「洗濯マグちゃん vs 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)」で、洗濯マグちゃんを使うときは、「洗剤や柔軟剤の量はどうするのか?」と書きました。

洗濯マグちゃん vs 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)
※ ジムで汗かいたウエアをその日のうちに洗えない人も必見です。笑 結論からいうと、現在、我が家の洗濯物は、二刀流です。 ...

このときに、こんなふうに書いてました。

どこかで、洗剤や柔軟剤も通常の半分で十分って見た気がするんですけど、ソースが見つかりません。

洗剤・柔軟剤は通常の半分で

ソース見つけました!
(ブルドッグやおたふくのほうじゃないです、情報源です。笑)

やっぱり、洗濯マグちゃんを使うときは、それだけでも相応の洗浄力があるので、通常の洗濯洗剤や柔軟剤は、半分の量でいいそうです。

ここにありました。いちおう、クリックしてから、もう一度、クリックすると拡大して文字まで読めるかと思います。すみません、写真撮るの下手で、ゆがんでます。笑

購入時に同梱されていた説明書です。
なぜか、ネット上で文言が見つけられなかったので、こちらで。

あーよかった。
どっかで見た気がしてたし、洗濯マグちゃん使ってる人は、洗剤量を減らしていいのか、どれくらいにすればいいのか、気になってると思ってたから。

洗濯マグちゃんを使うことで、洗剤と柔軟剤が通常の半分でいいとしたら、地球にやさしいというエコだけでなく、金銭的にも経済的にもエコという「節約」につながりますよね。

自分も通常の洗濯もののときは、洗濯洗剤と柔軟剤ともに減らしています。半分から4分の3くらいの分量で、洗濯物の種類と量、汚れ具合に合わせて調整しています。

ただし、ジムで汗をかいたあとの、しかも、その日のうちに洗濯できない「熟成」ウエアがあるときは(笑)、洗濯洗剤と柔軟剤は、洗濯機が指示した(洗濯物の重さでの水の量に対応した)洗剤・柔軟剤の量に合わせています。でも、それ以上に、汚れやニオイが気になるから、と多く洗剤や柔軟剤を入れることはありませんが、いまのところ、汚れもニオイも、天候不良時に、乾くまでずっと部屋干ししたときでさえ、部屋干し等のニオイも気になったことはありません。

洗濯マグちゃんと過炭酸ナトリウムの記事

「洗濯マグちゃん」と「酸素系漂白剤」の過去の関連記事はこちらです。

マグネシウムで洗濯機もキレイになる「洗たくマグちゃん 」
洗たくマグちゃんとは: 高純度のマグネシウム99.9%を使って水素とアルカリイオン水を生成し 部屋干しの嫌な臭いの原因となるカビや汚れを...
驚異の洗浄力「過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)」
タイガーのステンレスボトル「サハラマグ」で職場にショウガ入り紅茶を持っていくように なって早1年ちょい。 ボトルの中は100均で見つ...

今日は、まな板に酸素系漂白剤を付けたら、真っ白になって感動しました。笑

まな板は、酸素系漂白剤入りのお湯につけるほどの大きな容器がなかったので、まな板の上に、酸素系漂白剤をパラパラパラとまいて、その上にキッチンペーパーを一枚被せ、その上から、50~60℃くらいであろうお湯を垂らし、キッチンペーパーを濡らした状態にして、小一時間、放置しました。

いままで、まな板の漂白がうまくできず、、でも、塩素系漂白剤のキッチンハイターとかはニオイも強いので、あまり使いたくなく、今回、この方法でうまくできたので、これからはこれでやろうと思います。やったね♪